書籍の紹介



書籍の紹介について

このページでは、当「歴史が眠る多磨霊園」が関わり有り、著者への情報提供や参考文献項目での紹介などされた本を紹介いたします。
(順番は下から関わった歴代順)

東京多磨霊園物語 −時代を彩ったあの人々に出会う−
著名人の墓所(東京・神奈川とその近県)
新婦人協会の人びと
有名人の墓巡礼
徳川将軍家墓碑総覧
東京・神奈川とその周辺 著名人の墓碑録
追録・著名人の墓碑録
日本女性史大辞典
自決―こころの法廷
幕末維新江戸東京史跡事典



タイトル 東京多磨霊園物語 −時代を彩ったあの人々に出会う−東京多磨霊園物語 −時代を彩ったあの人々に出会う−
著作者立元幸治
出版元明石書店
価格2600円(税別)
発行日2013/9/30
内容 多磨霊園に眠る故人から、内村鑑三と新渡戸稲造、田河水泡と長谷川町子など、独自のテーマで二人一組およそ60人(30項目)を取り上げ、それぞれの生涯を重ね合わせ意外な関係や新たな一面を再発見する。
備考 参考資料として紹介いただいています。実はこのテーマは私も描きたかった見せ方であったので嬉しい一冊です。生前は敵やライバル、被害者・加害者であったのに、眠る地は同じ。多磨霊園ならではの醍醐味です。当HPでもなるべく横のつながりを見せるためにHP内リンクをしています。2015年4月に著者より謹呈。
関係する
著名人
多数


タイトル 著名人の墓所(東京・神奈川とその近県)著名人の墓所(東京・神奈川とその近県)
著作者森 光俊
出版元星雲社
価格2300円(税別)
発行日2014/6/10
内容 東京・神奈川とその近県に眠る著名人のお墓を20年間かけて、一つひとつ全ての寺院や霊園を訪ねて墓石を記録したもの。その収録数は約10,000余名。これほどまでの墓所が細かく収録された掃苔本は他にない。
備考 作者の森光俊様は「母里三十四」名義にて掃苔本を以前にも刊行しています。「歴史が眠る多磨霊園」HPの立ち上げ当初より、多くの情報提供をしていただいた掃苔家の大先輩です。本書の参考資料に「歴史が眠る多磨霊園」を明記をしていただいております。
関係する
著名人
多数


タイトル 新婦人協会の人びと新婦人協会の人びと
著作者折井美那子・女性の歴史研究会 編著
出版元ドメス出版
価格3000円(税別)
発行日2009/11/24
内容 平塚らいてう、市川房枝を中心に、大正デモクラシー期に女性解放運動のさきがけとなった「新婦人協会」を、残された記録や資料を丹念に読みといてまとめた初めての研究書。 女性71名、男性40名、計111名を収録。大正デモクラシーを支えた貴重な人名録。
備考 「日本女性史大辞典」の坂本真琴で関わらせていただきました永原紀子先生が、更に研究を深めて、本書でも坂本真琴をより詳細に紹介しています。 更に「坂本真琴・勇吉」の協力者として、私の名前を入れていただいています(名前間違えが残念ですが嬉しい)。
関係する
著名人
坂本真琴岡本かの子賀川春子(ハル)西川文子山田わか与謝野晶子渡邉シーリ(渡辺忠恕)有島武郎内田魯庵賀川豊彦藤村義朗山田嘉吉桐生悠々小山内 薫


タイトル 有名人の墓巡礼有名人の墓巡礼
著作者
出版元扶桑社ムック
価格500円(税込)
発行日2009/7/29
内容 戦国武将、政治家、文豪、大物芸能、文化人の「お墓」の紹介。お墓のトリビア等もある。カテゴリ分けで紹介し、最後の章に「墓巡礼のすすめ」の項目があり必見。全国のコンビニで発売。
備考 2009年6月に株式会社G.B.宮川様より連絡を受け、写真等の情報提供を行う。 企画書を拝見した際に、夏に刊行予定であるため怪談話を盛り込む旨が書かれており、それに対して、眠る著名人に失礼であるため、掲載を控えて欲しい旨を伝える。 結果、同意していただき、その代わり、掃苔家代表として6月24日同編集社の山田様に取材を受けた。 この内容が第十章の偉人たちに会う旅「墓巡礼のすすめ」内で、214P〜217Pで掲載されている。HP紹介、近代的掃苔家のスタンス、多磨霊園ネタ等が掲載。 このような機会を頂戴し大変感謝しております。
関係する
著名人
東郷平八郎山本五十六古賀峯一


タイトル 徳川将軍家墓碑総覧有名人の墓巡礼
著作者秋元茂陽
出版元パレード(発行) / 星雲社(発売)
価格8400円(税込)
発行日2008/1/10
内容 徳川将軍家、全300人の内訳、全17将軍(当主)、同17人の生母、正室、側室の全104人、同17人の子女、全179人、収録されている総寺院数全127ヶ所、総墓碑数全290基、総写真数全260枚。全国に散在する本墓と供養塔から、徳川将軍家の墓制史を解明する調査資料集。
備考 著者とはHPで知り合い、長年情報の交流をさせていただいております。多磨霊園には徳川関連の人物はほとんどいませんが、歴史好きにはたまらない一冊です。読み易く、わかりやすく、とても勉強になります。参考文献に「歴史が眠る多磨霊園」を明記してくださっております。
関係する
著名人
池田慶徳


タイトル 東京・神奈川とその周辺 著名人の墓碑録有名人の墓巡礼
著作者母里三十四
出版元星雲社
価格2381円+税
発行日2006/03/23
内容 収録された墓碑は5千2百1人分。氏名・経歴・没年月日・享年・戒名・墓所地・墓石情報を明記した事典。
備考 「歴史が眠る多磨霊園」に掲載してある墓所全てを、著者によって後追い調査していただき、新情報や改葬情報のご提供を頂戴いたしました。参考文献に「歴史が眠る多磨霊園」の明記をしていただいております。


タイトル 追録・著名人の墓碑録有名人の墓巡礼
著作者母里三十四
出版元神谷書房
価格800円
発行日2006/10/10
内容 前回、書籍に掲載しきれなかった人達を収録。氏名・経歴・没年月日・享年・戒名・墓所地・墓石情報を明記した事典。
備考 前書『東京・神奈川とその周辺 著名人の墓碑録』を購入された方は、それに挟まれているハガキを送ると、購入された方全員に無料で贈呈されます。


タイトル 日本女性史大辞典有名人の墓巡礼
著作者金子 幸子編、黒田 弘子編、菅野 則子編、義江 明子編
出版元吉川弘文館
価格29,400(税込) *26,250円(特別定価 期限09年1月31日まで)
発行日2008/1
内容 〈女性史〉が切り拓く新しい歴史像。古代から近現代まで、政治・経済・生活・教育・宗教・性・民俗など幅広い研究成果3100余項目を集大成。女性関係人名辞典としても使える充実した人名項目を備えた、女性史辞典の決定版。
備考 2005年5月末、HPで紹介している坂本真琴氏に関して、永原紀子先生と出版担当者よりご連絡を頂戴しました。「歴史が眠る多磨霊園」で紹介している坂本真琴氏の内容は、情報提供をしてくださった小金昭様がご親族の方々の情報を盛り込みつつ編集してくださった内容であり、一般的な人名辞典で取り上げていなかった新事実も書かれております。
関係する
著名人
坂本真琴


タイトル 自決―こころの法廷有名人の墓巡礼
著作者澤地久枝
出版元日本放送出版協会(NHKライブラリー)
価格1,470円(税込) /  新書 966円(税込)
発行日2003/07/30
内容 一家で自決を選んだ沖縄出身の親泊朝省陸軍大佐の足跡を辿り、戦闘で命を奪うだけでなく、こころを追い詰めてゆく戦争の残酷さを鮮やかに描き出す書き下ろしノンフィクション。 丹念な聞き取り調査、資料の発掘により、一歩一歩真実に迫る渾身の力作。
備考 2003年5月、私宛にFAXがNHK出版企画開発部から届いた。それには、この親泊朝省と2・26事件に関わった人物の菅波三郎のお墓が多磨霊園に眠っているらしいという調査依頼であった。翌日さっそく、調査をし親泊朝省の墓を見つけ出した。しかし、このお墓には墓誌も戒名彫刻もなにもない墓であったので、確かな確証を得るために管理事務所の埋葬者リストで特別に探してもらい、確証を得た。しかし、菅波三郎なる人物は多磨霊園に埋葬されていないこともわかった。調査報告をNHK出版の向坂好生氏に報告をした。 7月某日にNHK出版から「自決こころの法廷」が届き、その最後のページの方に、多磨霊園のお墓に関することが記されていた。私が報告した内容と類似していたので、力になれたことが証明され感無量である。
関係する
著名人
親泊朝省


タイトル 幕末維新江戸東京史跡事典有名人の墓巡礼
著作者新人物往来社
出版元新人物往来社
価格10,290円(税込)
発行日2000/08
内容 ペリーが来航した嘉永六年(一八五三)から明治二年(一八六九)の箱館戦争終結まで、いわゆる幕末維新期に起きた政治的事件、およびその関係者の史跡をたどったものである。
備考 1999年から2000年にかけて、HP上で知り合った藤堂氏と共に、幕末期に活躍し多磨霊園に眠っている人物の調査を行った。大石団蔵の墓を発見した時はとても嬉しかったことを覚えている。なお、本の調査協力者の中に私の名前が記載されています。
関係する
著名人
安藤直裕大石団蔵狩野良知酒井忠美進藤俊三郎長 梅外土井利恒本多忠民本多康穣松平直哉間部詮勝







| メイン |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。