メイン » » » 尾崎秀実
おざき ほつみ

尾崎秀実

おざき ほつみ

1901.4.29(明治34)〜 1944.11.7(昭和19)

昭和期の社会主義者、ジャーナリスト、スパイ

埋葬場所: 10区 1種 13側 5番

 筆名は白川次郎・草野源吉。台北で小・中学時代を送り、父の影響で中国の歴史・文化に親しむ。東大卒業後、1925(T14)朝日新聞に入社。 特派員として中国上海に滞在中、左翼文芸派の〈創造社〉に出入りし、東亜同文書院学生らの史的唯物論研究に参加。 29(S4)スメドレー女史を通じて、リヒアルト=ゾルゲ(17-1-21-16)のコミンテルン諜報機関に参加。 32帰国後は東亜共同体論でアジア民族の解放を唱えるなどの文筆活動を行なう。ゾルゲと再会。37昭和研究会に入り、翌年朝日新聞社を退社。 中国問題に詳しいことから、第一次近衛内閣で満州鉄道調査部の嘱託となり、ゾルゲの諜報活動にも協力。 41国際スパイとして検挙。治安維持法・国防保安法・軍機保護法などの違反を理由に44ゾルゲとともに処刑。 敗戦後ゾルゲらは母国で名誉回復をされたが、日本ではまだ名誉回復はされていない。 秀実と妻子との獄中通信「愛情はふる星のごとく」は戦後のベストセラーとなった。

<コンサイス日本人名事典>
<学習人名事典>


*ゾルゲの墓所内の墓誌にも尾崎秀実の名が刻まれている。

*裏面に西園寺公一謹書と歿年月日とともに刻む。

*秀実の実の弟であり、大衆文芸評論家として「ゾルゲ事件」のの真相究明などで活躍されていた尾崎秀樹氏が'99年9月21日に胃がんのため70歳で亡くなりました。 生前、秀樹氏は没後は秀実氏の墓所に入りたいと懇願していたが、詳細は不明である。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。