メイン » » » 石井花子
いしい はなこ

石井花子

いしい はなこ

1911(明治44)〜 2000.7.1(平成12)

『人間ゾルゲ』の執筆者

埋葬場所: 17区 1種 21側 16番

 岡山県倉敷市出身。地主の娘に生まれたが、22歳で上京。銀座のドイツ料理店でウエートレスをしている時にドイツ人リヒアルト,ゾルゲ(同墓)と知り合った。 ゾルゲは第二次世界大戦下の日本を舞台に起きたゾルゲ事件の首謀者であり、日独から得た機密情報を母の故国、旧ソ連に流し、「世界史を変えた男」といわれる世紀のスパイである。 後、逮捕され処刑された。花子はそのゾルゲの愛人だった。 ゾルゲはドイツや旧ソ連、さらには日本国内にまで親しい女性がいたことが戦後、明らかになる中で、花子は生涯独身を貫き、死ぬまで「夫」としてこだわり続けた。 当初、二重スパイとみなして黙殺した旧ソ連は1964(S39)ようやくゾルゲの名誉を回復する「ソ連英雄」の称号を与えた。 花子は、いまもロシアで高く評価されていると海軍武官補佐官のトフゴ海軍中佐は述べている。 葬儀・告別式は日華葬斎場で行われた。「人間ゾルゲ」など著書もある。享年89歳。

<産経新聞死亡記事>


同士 句

*ゾルゲの処刑後、不明だった遺体を雑司が谷の共同墓地から捜し出し、花子が墓石を整え1944(S19)多磨霊園に改葬した。 墓所には正面に黒ミカゲの洋型墓石があり、ロシア語でリヒアルト,ゾルゲと刻み、その下に「妻 石井花子」と刻む。 正面右側にはゾルゲの略歴が刻む墓誌碑が建ち、左側には「ゾルゲとその同志たち」と題され11名の同志の名が刻まれた碑が建つ。 裏面にはゾルゲの同志で獄死した宮城与徳の父、與整の句が刻む。


【ゾルゲとその同志たち】碑には以下の人名が刻む
ゾルゲ,リヒアルト1944.11.7刑死(巣鴨)
河村好雄1942.12.15獄死(巣鴨)
宮城興徳1943.8.2獄死(巣鴨)
尾崎秀実1944.11.7刑死(巣鴨)
フランコ・ヴケリッチ1945.1.13獄死(網走)
北林とも1945.2.9釈放の二日後死
船越寿雄1945.2.27獄死
水野 成1945.3.22獄死(仙台)
田口右源太1970.4.4歿
九津見房子1980.7.15歿
川合貞吉1991.7.31歿


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。