メイン » » » 内田魯庵
うちだ ろあん

内田魯庵

うちだ ろあん

1868(明治1)〜 1929(昭和4)

明治時代の評論家、小説家

埋葬場所: 12区 2種 1側 1番

 1888(M21)頃から「女学雑誌」「国民之友」に評論を発表し批評家として認められた。 ロシア文学に早くから影響を受け、ドストエフスキー・トルストイを日本に紹介し、「罪と罰」「イワンの馬鹿」などの翻訳をする。 文学は常に社会・人生の問題と真剣に取組むべきことを主張し、その立場から「硯友社」はその代表的評論。 98小説「暮の二十八日」で小説家としても認められる。1901(M34)丸善顧問。 この頃から随筆を書くようになり、文明批評や回想談など優れたものを残し、「思ひ出す人々」は回想記の傑作である。

<コンサイス日本人名事典>


墓所

*墓石裏には「魯庵内田貢」と刻まれている。魯庵の本名は内田貢であり、通称は貢太郎。ペンネームも魯庵の他に不知庵、または三文字屋金平など称した。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。