メイン » » » 東郷平八郎
とうごう へいはちろう

東郷平八郎

とうごう へいはちろう

1847(弘化4)〜 1934(昭和9)

明治・大正期の海軍軍人(元帥)、侯爵

埋葬場所: 7区 特種 1側 1番

 薩摩藩士として薩英戦争、戊辰戦争に参加。1870〜78(M3〜11)イギリスに留学後、天城・比叡等の軍艦の副艦長・艦長を務めた。90呉鎮守府参謀長、95常備艦隊司令長官を経て、96海大校長。 1903第1艦隊兼連合艦隊司令長官に就任し、日露戦争時には、旅順港封鎖作戦を行ない、ロシア海軍極東艦隊を黄海海戦で、またバルチック艦隊を日本海海戦で全滅させた。戦後軍令部長、13(T2)元帥。 30(S5)ロンドン軍縮条約の承認にあたり、条約に強硬に反対。軍の元老的存在であった。日露戦争の戦功で国民的英雄として尊敬され、国葬として多磨墓地の最初の名誉霊域埋葬者となる。

<コンサイス日本人名事典>


*東郷平八郎の墓は最初青山墓地に埋葬予定であったが、広大な墓場が見つからず、急きょ多磨墓地に変わった。 その後、元帥様と同じ場で眠りたいと集う者が増え、人気が薄かった多磨墓地の人気が上昇。


【多磨霊園に眠る国葬者】
東郷平八郎7-特-1-1侯爵・元帥海軍大将・聯合艦隊司令長官S9.6.5
西園寺公望8-1-1-16公爵・内閣総理大臣S15.12.5
山本五十六7-特-1-2元帥海軍大将・聯合艦隊司令長官、戦死S18.6.5
 
【誄(るい)を賜った者】
東郷平八郎7-特-1-1侯爵・元帥海軍大将・聯合艦隊司令長官S9.6.4
齋藤 實7-1-2-16子爵・海軍大将・内閣総理大臣、暗殺S11.3.7
高橋是清8-1-2-16大蔵大臣、暗殺S11.3.7
西園寺公望8-1-1-16公爵・内閣総理大臣S15.12.5
 
【御沙汰書を賜った者】
田中義一6-1-16-14男爵・陸軍大将・内閣総理大臣S4.10.3
岡田啓介9-1-9-3海軍大将・内閣総理大臣S27
 
【内閣・自由民主党合同葬】
大平正芳9-1-1-15内閣総理大臣S55.7.9

<中野文庫>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。