メイン » » » 山本五十六
やまもと いそろく

山本五十六

やまもと いそろく

1884(明治17)〜 1943(昭和18)

大正・昭和期の海軍軍人(元帥)

埋葬場所: 7区 特種 1側 2番

 旧長岡藩士高野貞吉の6男。山本家の養子。日露戦争に従軍後、須磨・鹿島等の乗組をへて、砲術学校教官となる。 1919(T8)から2年間衛惷駐在、ハーバード大学に学ぶ。帰国後、海大教官、航空本部技術部長、第1航空戦隊司令官等を歴任。 34(S9)旧条約の期限切れに伴うロンドン軍縮会議予備交渉に日本代表として派遣された。 39連合艦隊司令長官兼第1艦隊司令長官となり、旧来の海軍の作戦計画に変更を加え、また米・英不可分を主張し、対米戦を無視した対南方武力行使は不可能であると考え、ハワイ真珠湾作戦を立案した。 43南方の海軍基地を視察中、ソロモン諸島上空で戦死した。国葬。

<コンサイス日本人名事典>


*多磨霊園名誉霊域埋葬第二号


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。