メイン » » » 市来崎慶一
いちきざき けいいち

市来崎慶一

いちきざき けいいち

?〜 1944.2.14(昭和19)

明治・大正・昭和期の海軍軍人(少将)

埋葬場所: 24区 1種 31側

 鹿児島県出身。1903.12.14(M36)海軍兵学校卒業(31期)。後に大将となる及川古志郎、加藤隆義、長谷川清らと同期。日露戦争に従軍した。'14(T3)海軍大学校卒業(甲種14期)。同期に山本五十六(7-特-1-2)らがいた。
 '19.12.1中佐となり、'20.2.13阿蘇副長に着任。'23.12.1大佐に昇進し、軍令部第三課長となる。'26.5.20水城圭次(6-1-1-13)に代わり、常磐艦長に就任。同.11.1名取艦長を兼務(1か月間)。'27.12.1(S2)佐世保防備隊司令になった。'29.11.30(S4)少将に累進し、出仕。'30.10.1待命、同.10.10予備となった。著書に『噫山本元帥』がある。享年61歳。

<帝国海軍提督総覧>
<日本海軍将官総覧など>


*墓石前面は「市夾崎家」。子で海軍中佐・海上自衛隊海将となった市来崎秀丸も眠る。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。