メイン » » 懇心平等万霊供養塔
懇心平等万霊供養塔

懇心平等万霊供養塔

碑石所在地: 5区 1種 18側 1番
建立年月日: 昭和 30年 8月 13日
碑石地面積: 54.15m2
永代使用料: 86640円
建立者  : 二木秀雄(精魂会代表者)

 外柵もきちんと有り、一見普通のお墓に見えるので注意が必要だ。正面に五輪塔が立ち、左右に燈篭が立つ。しかし、何も刻まれていない。 管理事務所で特別に閲覧させてもらった秘密冊子の碑石形像区域内に記載されていたので載せた。
(注:この冊子は関係者以外は閲覧できません)


 その後の調査により、この碑石は旧日本陸軍731部隊の精魂塔であることがわかった。 大辞林によると【精魂】(せいこん)とは、物事に打ち込む精神力。 「ーこめた仕事」 ーーを傾・ける 一つの物事に打ち込む。 「研究にー・ける」とありますので、研究に打ち込んだ結果、犠牲となった方々を供養するという意味なのかもしれません(推論)。

 旧日本陸軍731部隊とは、国際法で禁止された生物化学兵器の研究開発を第二次世界大戦中に秘密裏に行う機関だったようです。 ペスト菌やコレラ菌の散布を中国の幾つかの都市に行い沢山の方が亡くなったそうです。さらに捕虜の人体実験や証拠隠滅の為の虐殺などを行い、その犠牲者は3千人を超える。 だが、戦後、占領国であるアメリカとの取引により、裁判にかけられることもなく、存在自体が闇に葬られた機関です。 ちなみに、詳しく調査した結果、この建立者である二木秀雄という人物は、731部隊の主要メンバーの一人であり、第一部(細菌研究)の中にある二木班(結核研究)の代表者だ。
 戦後、731部隊第二部隊長だった北野政次、そして防疫研究室を取り仕切り731部隊を国内で支えた内藤良一、そして二木秀雄の三人が共同事業の形で、日本初の血液銀行を設立。 朝鮮戦争の際に米軍がその血液を大量に購入してくれるのであたりまえのように事業は大成功。のちに「ミドリ十字」と命名されたのである。 高度経済成長のなかこの企業は日本有数の製薬会社に成長し、1978年には米国アルファ・セラピュウテック社を買収。 この子会社はアメリカ貧民層の血液を恐ろしく安く買い集めてミドリ十字に送ったのである。これが結果的に、薬害エイズ問題へと発展していったのです。

 旧日本陸軍731部隊隊員は、終戦後、米国との取引により活動時の内容を公開しない事となっているので、軍籍時の階級等を示す形での墓石は存在しません。 そして、戦犯を免責されたこれらの軍医たちは、その後、部隊で行った「人体実験」のことを絶対に口外しないことを誓って全国の大学や研究所などに散っていったのです。 その後、彼らが年に一回集まる親睦会「精魂会」の名簿を見ると、副知事、大学学長、大学教授、病院長、研究所長、研究教授等の肩書きがズラリ並んでいます。 いずれも部隊で中心的役割を果たしていた人物ばかりです。この人たちがいかに戦後日本の医学会で影響力の大きい地位を得ているか一目瞭然です。


懇心平等万霊供養塔

*懇心平等万霊供養塔は英文では、Unit 731 Memorialと紹介され、731部隊等の著述書での紹介文では精魂塔とあります。

*旧日本陸軍731部隊の長であり、アメリカに資料を提供した石井四郎中将は、月桂寺(新宿区河田町)に眠っている。


関連リンク:



| メイン | 碑石リスト | 番地マップ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。