メイン » » » 進藤俊三郎
しんどう しゅんさぶろう

進藤俊三郎

しんどう しゅんさぶろう

1842(天保13)〜 1933(昭和8)

但馬国佐曩村佐中農民

埋葬場所: 7区 1種 5側 9・10番
(原家之墓)

 後の銀行家としての原六郎は同一人物。文久2年、北垣晋太郎らと但馬農兵を組織する。翌年、生野義挙に参加し、武器調達を担当するが壊滅したことを知り、京都鳥取藩邸の松田正人の庇護を受けた。 以来、松田の選んだ原六郎を名乗り、長州遊撃隊に入り小倉戦争に参加。戊辰戦争では山国隊司令士として各地を転戦。明治2年、鳥取藩士に取り立てられた。維新後は欧米に留学し銀行論を学び実業家へと転進した。

<幕末維新江戸東京史跡事典>


しんどう しゅんさぶろう

*墓石には原家之墓と刻み、広大の墓所内の入り口正面には、二十年ほど前に品川邸から移したという銅像が建てられている。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。