メイン » » » 原 六郎
はら ろくろう

原 六郎

はら ろくろう

1842(天保13)〜 1933(昭和8)

明治・大正期の銀行家、実業家

埋葬場所: 7区 1種 5側 9番

 幼名俊三郎。池田草庵の青谿学院に学び尊擁運動に参加。平野国臣と親交を結び、1863(文久3)生野の挙兵に参加、更に長州藩兵として討幕運動に加わる。 維新後欧米に留学し銀行論を学び77(M10)帰国。翌年第百国立銀行創立し頭取、80東京貯蓄銀行を創立、83横浜正金銀行頭取。 また、日本・台湾・勧業・興業各銀行創立委員を務め、わが国銀行業確立に功績を残した。一方、富士製紙・横浜船渠の社長、山陽・東武・北越各鉄道会社、東洋汽船・帝国ホテル各社の重役を歴任。五人男と称された。

<コンサイス日本人名事典>


銅像

*進藤俊三郎は維新時代の幼名であり、同一人物である。維新時代の略歴は、「進藤俊三郎」としてリストアップしている。

*六郎没後は養子となった原邦造(同墓)も実業家として活躍した。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。