メイン » » » 内田康哉
うちだ やすや

内田康哉

うちだ やすや

1865.8(慶応1)〜 1936.3.12(昭和11)

明治・大正・昭和期の外交官、伯爵、政治家

埋葬場所: 11区 1種 1側 6番

 熊本藩士松井玄真とミカの長男として生まれる。東京帝国大学法科卒業。 外務省に入り、米・英在勤ののち、中国公使館一等書記官、第4次伊藤内閣の外務次官を経て、中国公使となり、日露戦争前後にかけての対清工作に従事、ついでオーストリア大使兼スイス公使、アメリカ大使を歴任。
 1911(M44)第2次西園寺公望(8-1-1-16)内閣の外相に起用され日米条約改正の任に当る。 のちロシア大使に赴任直後ロシア革命に遭遇。 帰国後、'18(T7)原敬、'21(T10)高橋是清(8-1-2-16)・'22(T11)加藤友三郎、3内閣の外相をつとめ、講和・軍縮・シベリア出兵などの戦後処理に当たった。 原暗殺後、加藤死去後臨時首相を務めた。 '25枢密顧問官に任ぜられたが、パリ不戦条約に全権として調印したことから、その批准をめぐる違憲問題で、'29(S4)引責辞任し、翌年勅選貴院議員となる。
 '31南満州鉄道総裁となり、満州事変勃発後は、満鉄の輸送力を挙げて関東軍作戦行動に協力。 '32斎藤実(7-1-2-16)内閣外相に迎えられると、「国を焦土と化すとも満州を守る」と自主積極外交を強調して「満州国」承認・国連脱退と国際的孤立化の外交を推進した。 これは“幣原協調外交”に対して“焦土外交”と称された。勲一等旭日大綬章(M39.4.1)。 二・二六事件の15日後に病死。享年70歳。

<コンサイス日本人名事典など>


*1907.11.4(M40)男爵の爵位授爵し、子爵を経て、’20.9.7(T9)伯爵。康哉没後、爵位継承者は内田寛治。内田寛治は麻酔学者。

*名である康哉は「やすや」の他に「こうさい」としても読む。


*父:内田(松井)玄真 (うちだ げんしん)
内田康哉の父。
 熊本藩士。佐久間象山に師事して蘭学をおさめ医者となった。

*内田ミカ (うちだ みか)
1835(天保5)〜1920.2.1(大正9)
内田康哉の母。
 熊本士族黒田五左衛門長女。熊本藩士内田玄真に嫁す。 長男の康哉を慶応元年八月生のほか、次男晋次郎明治三年五月生、長女シツ慶応三年九月生(熊本士族奈須義質に嫁す)、女ノブ明治七年四月生(愛知県人鈴木裕三に嫁す)あり。 郷里熊本にて病気療養中のところ没した。

<大正過去帳201頁>
<五輪塔様より情報提供>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。