メイン » » » 河本重次郎
こうもと じゅうじろう

河本重次郎

こうもと じゅうじろう

1859(安政6)〜 1938(昭和13)

明治・大正・昭和の日本近代眼科の父

埋葬場所: 9区 1種 3側 8番

 兵庫県豊岡市出身。藩校稽古堂で池田草庵に学ぶ。13歳の時に豊岡出身の猪子止か之助(いのこしかのすけ)、和田垣謙三(わだがきけんぞう)と共に郷土の先輩の吉村寅太郎に連れられ上京。 横浜在住の叔父・中江種造方からドイツ語の学校へ通い、のち東京大学医学部へと進む。同級生に北里柴三郎がいた。首席で卒業し、同学部外科学教室の助手となり、1885(M18)留学を命じられて渡欧した。 1889(M22)帰国すると東京大学眼科学教室主任教授に任じられ、以後33年間その職にあって、日本の眼科を先進国の水準に近づけ、さらに発展させて、日本近代眼科の父と称せられる人とった。帝国大学名誉教授。医学博士。

<但馬人物ものがたり>


*妻の河本香芽子はキリスト教伝道者

*第3代(T9.5〜T13.4)東京都眼科医会長を歴史。第8代(S16.10〜S17.12)を務めたのは長谷川俊明(14-1-9)。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。