メイン » » » 桐淵鏡次
きりふち きょうじ

桐淵鏡次

きりふち きょうじ

1871.6.15(明治3)〜 1931.3.5(昭和6)

明治・大正・昭和期の眼科医

埋葬場所: 9区 1種 1側 6番

 沼津出身。旧姓は奈佐といい、桐淵光斉の養子となる。独逸協会、一高を経て1895(M27)東京帝国大学を卒業。直ちに河本重次郎(9-1-3-8)教授に師事して眼科を修め助手となった。 1897(M30)私費でドイツに留学し、ベルリン及びライプチッヒ大学で研究、1900(M33)帰国して下谷練塀町の桐淵眼科病院を継承し、益々名声を高めた。 翌年6月「電撃に因する白内障及爾他の眼疾患に就いての実地試験」の論文により東大から医学博士の学位を得た。 日本眼科学会創立以来の評議員であった。長男光一が医者とならなかったので、桐淵眼科は、鏡次の後室の管理となり、東大出身の武田隆などによって続けられていたが、病院は戦災で焼失し、再建されなかった。

<わが銀海のパイオニア>
<MATSU様より情報提供>


墓所

*墓所内には大きな碑石が建立され、敬意を評されている。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。