メイン » » » 井上通泰
いのうえ みちやす

井上通泰

いのうえ みちやす

1867.1.26(慶応2.12.21)〜 1941.8.15(昭和16)

明治・大正・昭和期の国文学者、歌人、医師(眼科医)

埋葬場所: 19区 1種 12側

 播磨神東郡田原村辻川(兵庫県神崎郡福崎町辻川)出身。儒学者の松岡操・たけ の3男として生まれる。旧姓は松岡。幼名を泰蔵。号は南天荘。 兄の松岡鼎(長男)は医師、弟の柳田国男(6男)は民俗学者、松岡静雄(7男)は海軍大佐・言語学者、松岡映丘(8男・10-1-13-19)は日本画家。2男、4男、5男は早死。 1877(M10)12才の時に医師の井上碩平の養子となる。
 1890(M23)東京帝国大学医学部予科卒業。医科大学附属病院眼科助手となり、1892姫路病院眼科医長、岡山医専教授となったが、1902(M35)辞職して、東京で眼科医院を開業した。1904医学博士。
 また学生時代より桂園派の和歌を学び、松波資之(すけゆき)に師事、香川景樹に私淑した。森鴎外らと交友。1889鴎外らと同人組織の新声社を結成して共訳の詩集『於母影』を刊行した。 1906(M39)歌会「常磐会」を結成し、山縣有朋らも参加した。'07宮内省御歌所寄人(御歌所寄人:よりゅうど)。'16(T5)『明治天皇御集』の編纂に従事。'20宮内顧問官。 '26還暦を迎えたことを機に医業を廃して、歌と国文学研究へ専念。とくに「万葉集」「風土記」の研究に没頭した。'38(S13)勅選貴族院議員。芸術院会員。著作に『万葉集新考』『南天荘歌集』などがある。享年74歳。

<コンサイス日本人名事典>
<講談社日本人名大辞典>
<日本史小辞典など>


墓所

*墓所入口に「井上通泰奥都城」と刻む石柱が建つ。墓石は和型「井上家之墓」。左右に燈籠2つ、右側に墓誌がある。

*没年月日が異なる人名事典を散見したが墓誌には「昭和十六年八月十五日帰幽 享年七十六才」と刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。