メイン » » » 西郷従道
さいごう じゅうどう

西郷従道

さいごう じゅうどう

1843.5.4(天保14)〜 1902.7.18(明治35)

明治時代の軍人(元帥)、政治家

埋葬場所: 10区 1種 1側 1番

 薩摩藩士西郷吉兵衛の3男、西郷隆盛の実弟。戊辰戦争に従軍ののち、1869(M2)山県有朋とともに渡欧して兵制を研究、73陸軍大輔、翌年台湾蛮地事務都督として台湾征討を強行、77近衛都督となり、西南戦争で兄隆盛に加担しなかった。 78文部卿・陸軍卿、81農商務卿を歴任ののち海軍に転じ、伊藤・黒田・山県・松方・大隈内閣の海相ないし内相を歴任。 その間84伯爵、92枢密顧問官、国民協会会頭、94海軍大将、95侯爵、98元帥府に列せられ、〈薩の海軍〉の巨頭として軍・政界に重きをなす。

<コンサイス日本人名事典>
<平成新修旧華族家系大成>
<仲村様より情報提供>
<徳川葵様より情報提供>


*従道の墓域は多磨霊園の中で一番広い(面積288平方勸潰・約87坪)。

*息子の西郷従理(伯爵)の個人墓も建つ。

*「つぐみち」ではなく「じゅうどう」
『平成新修旧華族家系大成』は子孫に確認して「じゅうどう」と記されています。 多くの人名事典では「つぐみち」と記している書物が多く、困惑しましたが、「歴史が眠る多磨霊園」でも「じゅうどう」と記したいと思います。

*西郷従道には庶子を含め七人の男子が確認できる。 長男に従理(同墓)、次男に豊彦(14-1-9)〔陸軍少将〕、三男に家督を継いだ従徳(同墓)〔陸軍大佐・貴族院議員〕、四男に上村家の養子となった上村従義(青山霊園)〔海軍大佐・男爵・貴族院議員〕、五男に従親(23-1-1)〔海軍機関大佐〕、六男に豊二(青山霊園)、七男に小松家の養子となった小松従志(8-1-15)〔伯爵〕がいる。

*うち庶子と思われるのは通字が異なる豊彦、豊二。あと生年および縁組みから推察して従義。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。