メイン » » » 小松従志
こまつ じゅうし

小松従志

こまつ じゅうし

1883.1.16(明治16)〜 1943.8.5(昭和18)

明治・大正・昭和期の伯爵、主猟官

埋葬場所: 8区 1種 15側

 西郷従道(10-1-1-1)の六男。小松家は小松内大臣平重盛の子孫と伝えらる。 明治維新に功績のあった薩摩藩家老小松清廉の孫である小松帯刀のとき祖父の勲功によって、1896(M29)6月9日に伯爵授爵した。 帯刀没後、子の重春が爵位継承し、従志はその重春の養子となる。学習院高等科卒。1908(M41)農商務省海外実業練習生となる。 '11(M44)馬政局に勤務後、主猟官兼主馬寮御用掛となる。重春没後、従志が爵位継承し伯爵となる。 従志没後は子の晃道(同墓)が爵位継承した。墓所は「小松家之墓」と刻む墓石と墓誌があり、墓誌には従志以降の名が刻む。よって、養父の重春や帯刀などは同墓ではない。

<昭和人名辞典(大衆人事録)>
<平成新修旧華族家系大成など>
<五輪塔様より情報提供>


墓所

*墓石は和型「小松家之墓」。右側に墓誌がある。戒名は慈眼院殿釋普照従志大居士。妻の千代子は陸軍少将の山口圭蔵の娘。従志の長男は小松晃道(1913-1977.11.9)は東京帝国大学経済学部卒業後旭硝子に入る。従志没後に伯爵を授爵し正5位。戒名は恵光院殿釋興隆晃道大居士。晃道の妻は小松静子で父は篠原宗嗣、日本画家の杉山寧は義兄にあたり、三島由紀夫夫人の三島瑤子は姪にあたる。三島由紀夫と瑤子(共に10-1-13-32)のお見合いに奔走した(詳細は三島瑤子の頁へ)晃道と静子の長男の小松道夫(1946-1992.1.30)は常磐通商副社長を務めた。戒名は智光院殿釋栄達道賢大居士。

*明治維新に尽力した小松家第29代 小松清廉(帯刀)、長男の清直、清直隠居後、伯爵を授爵した次男の重春までは、鹿児島県日置市日吉町吉利5004-3にある園林寺(M2廃仏毀釈で廃寺:現在は園林寺跡:おんりんじあと)の小松家(禰寝家・24代清香の時に小松に改姓)代々の墓に眠る。現地には「小松家墓所見取図」の看板も設置されている。小松重春の養子となり授爵し跡を継いだ小松従志以降は多磨霊園に眠る。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。