メイン » » » 小松従志
こまつ じゅうし

小松従志

こまつ じゅうし

1883.1.16(明治16)〜 1943.8.5(昭和18)

明治・大正・昭和期の伯爵、主猟官

埋葬場所: 8区 1種 15側

 西郷従道(10-1-1-1)の六男。小松家は小松内大臣平重盛の子孫と伝えらる。 明治維新に功績のあった薩摩藩家老小松清廉の孫である小松帯刀のとき祖父の勲功によって、1896(M29)6月9日に伯爵授爵した。 帯刀没後、子の重春が爵位継承し、従志はその重春の養子となる。学習院高等科卒。1908(M41)農商務省海外実業練習生となる。 '11(M44)馬政局に勤務後、主猟官兼主馬寮御用掛となる。重春没後、従志が爵位継承し伯爵となる。 従志没後は子の晃道(同墓)が爵位継承した。墓所は「小松家之墓」と刻む墓石と墓誌があり、墓誌には従志以降の名が刻む。よって、養父の重春や帯刀などは同墓ではない。

<昭和人名辞典(大衆人事録)>
<平成新修旧華族家系大成など>
<五輪塔様より情報提供>


墓所


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。