メイン » » » 柴山愛次郎
しばやま あいじろう

柴山愛次郎

しばやま あいじろう

1836(天保7)〜 1862.5.21(文久2.4.23)

薩摩藩尊攘志士(勤王志士)

埋葬場所: 10区 1種 13側 37番

 薩摩出身。薩摩藩医の柴山良庵の次男。兄の柴山良助(同墓)は維新の志士。弟で三男の柴山矢八(同墓)は海軍軍人(大将)、男爵。名は道隆。
 若くして藩校造士館の訓導に任命された秀才であった。ほとんど常に、橋口壮介(22-1-5)と行動を共にし、平野国臣との会見、江戸詰任命、江戸で義挙計画の仕上げを行って大坂に乗り込み、九州から同志の到着を待って伏見寺田屋に集まるまで橋口とは一緒であった。 その寺田屋で鎮撫使の山口鉄之助に斬殺(寺田屋事件)。享年28歳。贈従四位を授けられる。鎮撫使には森岡善助(後の昌純。22-1-37-5)、同志の急進派には橋口壮介の弟の橋口吉之丞(22-1-5)も居合わせていた。

<幕末維新人名事典など>


*急進派の死者8人と、後日京都で自決した同志1人を合わせた9人の志士は京都伏見の大黒寺に葬られ、「寺田屋殉難九烈士墓」が建つ。9名は下記である。

有馬新七(正義)法名:養法院観阿有信居士享年28
柴山愛次郎(道隆)法名:悲田院堪然芳愛居士享年27
田中謙助(盛明)法名:忍辱院寂居謙了居士享年35
弟子丸竜助(方行)法名:精進院善覚就孝居士享年25
西田直五郎(正基)法名:常明院西山智雲居士享年25
橋口壮介(隷三)法名:真実院双照玄荘居士享年22
橋口伝蔵(兼備)法名:法伝院賢徳泰巌居士享年22
森山新五左衛門(永治)法名:不断院夏山良勇居士享年20
山本四郎(義徳)法名:緑樹軒智日玄居士享年24

*多磨霊園の墓所は左側に「柴山家之墓」、右側に「柴山矢八之墓」。柴山家之墓の左面は墓誌となっており、良助、愛次郎の名が刻む。なお同墓には、柴山矢八の長男で海軍少将・男爵の柴山昌生も眠る。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。