メイン » » » 柴山昌生
しばやま まさき

柴山昌生

しばやま まさき

1884.8.13(明治17)〜 1952.3.15(昭和27)

明治・大正・昭和期の海軍軍人(少将)、男爵

埋葬場所: 10区 1種 13側 37番

 東京出身。父は海軍大将の柴山矢八(同墓)。1907.11.20(M40)海軍兵学校(35期)卒業。同期に海軍大将となった近藤信竹、高須四郎、野村直邦らがいる。
 海軍少尉候補生として橋立乗組。翌年、常磐乗組。少尉となり、'09壱岐乗組 、次いで阿蘇乗組。 '10砲術校普通科学生、中尉となり、水雷校普通科学生を経て、'11村雨乗組、翌年、鹿島乗組。 '12(T1)砲術校特修科学生となって、翌年、河内乗組。 '13大尉となり海大乙種学生となる。 '14砲術校高等科学生、艦本艤装員、榛名分隊長。'15杉乗組、'16敷島分隊長、'17秋津洲砲術長、'18鹿島分隊長'19鹿島副砲長を歴任した。 同年少佐となり、砲術校教官。'22霧島砲術長、'23陸奥砲術長を務める。
 '24.2.20(T13)父の矢八が没したため、男爵を襲爵。同年中佐となり、砲術校教官 となった。 '27(S2)山城副長、'28神威特務艦長、大佐となり、'29第一遣外艦隊附兼上海特陸隊指揮官、'30舞要参謀長、'31赤城艦長となった。 '32横鎮附、'33横須賀海兵団長、'34日進艦長、少将に昇進し、横須賀人事部長兼横鎮人事長となった。'36軍令部出仕、待命、予備役。 '40航本部外航空指導事務嘱託となり、'41.6.19解嘱託。'42内閣委員となり興亜院に勤務した。同年大東亜省委員、'43厚生省委員として、戦時下の省庁をサポートした。享年67歳。


*正面左側が柴山家之墓、右側が柴山矢八の個人墓が建つ。柴山家之墓の左面は墓誌となっており、良助、愛次郎の名が刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。