メイン » » » 原 邦造
はら くにぞう

原 邦造

はら くにぞう

1883(明治16)〜 1958(昭和33)

大正・昭和期の実業家

埋葬場所: 7区 1種 5側 9番

 銀行家の原六郎(同墓)の養子。大阪出身。京大卒業後、金融・生命保険業界をあゆみ、第百銀行頭取、愛国生命社長に就任。 また1932(S7)の明治精糖事件で辞任した相馬半治のあとをうけて同社長。太平洋戦争中は交通営団総裁を兼ねた。戦後、日本航空会長となった。原多喜著作の「原邦造」1960がある。

<コンサイス日本人名事典>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。