メイン » » » 木戸幸一
きど こういち

木戸幸一

きど こういち

1889.7.18(明治22)〜 1977.4.6(昭和52)

昭和期の宮内政治家、侯爵

埋葬場所: 18区 1種 3側

 木戸孝允の養子の木戸孝正(同墓)の子。児玉源太郎(8-1-17-1)の四女ツルは妻。東京出身。東京帝国大学卒業。
 近衛文麿と共に革新貴族を代表、西園寺公望(8-1-1-16)ら現状維持派と区別される。農商務省に入ったが1930(S5)内大臣秘書官庁に就任、宮内省参事官についで宗秩寮総裁を兼ねる。 '37第1次近衛内閣改造後の文相に推されてから厚生省設置に伴う初代厚相、平沼騏一郎(10-1-1-15)内閣の内相を歴任、厚相在任中近衛新党問題で末次信正(16-1-3-8)内相の新党綱領立案に参画、また厚相・内相時代を通じ産業報国連盟顧問。 '40内大臣に就任、折から元老西園寺が米内内閣後継奏請を拝辞したのを機に、首相前歴者・枢密院議長からなる重臣会議を招集して、その議に基づき内府の責任で後継を奏請する方式を実施に移して近衛を推挙、<新体制>の進展を助ける。 なおこの新方式は元老の手中にあった内閣組閣の権限を内府に移し、折からの多元的政治意思統合の機能を天皇権威に求めようとする傾向の強化と結びついて、天皇の耳目である内府の権限を前例を見ない強大なものとした。 '41主戦論者東条陸相を近衛の後継に推挙、以後その末期まで同内閣最大の支柱であった。戦争末期には国体護持のため聖断によるポツダム宣言受諾の途を演出、本土決戦派を抑えた。 結果に対する慎重な計算と、政治諸勢力の力関係の推移に対応して常に政治主流に身を置く保身の巧みさとにより、「政界のリトマス試験紙」として政界中枢に安定した地位を保持し続けた。敗戦後、A級戦犯として終身刑を宣告された。 法廷に提出されたその日記(『木戸日記』)は国民不在の昭和宮廷秘史を明るみに出して大きな反響をよんだ。'55病気を理由に出獄した。次男の木戸孝彦(同墓)は弁護士として幸一の弁護に活躍した。

<コンサイス日本人名事典>
<日本史有名人の子孫たち>
<森光俊様より情報提供>
<仲村顕様より情報提供>


*山口藩士の木戸孝允(桂小五郎)は幕末維新に際し活躍し、維新後、参議・文部・内閣顧問等を歴任し、西郷・大久保と並び「維新の三傑」と言われた。 その功により、孝允の養子の木戸正二郎(同墓)が1884(M17).7.7に侯爵を授爵した。 正二郎没後、継承者がいないため、孝允の妻好子の兄の子の木戸孝正(同墓)が養子となり侯爵を継いだ。孝正以降は、政治家として活躍した幸一が継ぐ。

*木戸孝允(桂小五郎)の墓所は京都市東山区・護国寺。多磨霊園の墓所には、侯爵を授爵した木戸正二郎、父の木戸孝正は東宮侍従長、次男で弁護士の木戸孝彦の他、木戸孝信、木戸忠太郎らの名前が刻む。 幸一の長男は日本勧業角丸証券常務などで活躍した木戸孝澄。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。