メイン » » » 木戸孝正
きど たかまさ

木戸孝正

きど たかまさ

1857.7.26(安政4)〜 1917.8.10(大正6)

明治・大正期の東宮侍従長、宮中顧問官、侯爵

埋葬場所: 18区 1種 3側

 木戸孝允(桂小五郎)の養子。長州藩士・勤王派の来原(くるはら)良蔵の長男、妻の治子は孝允の妹。旧名は来原彦太郎。宮内政治家の木戸幸一(同墓)の父。弁護士の木戸孝彦(同墓)の祖父。
 1874(M7)アメリカ留学帰国後、帝国大学入学。同じくアメリカから帰国した平岡煕、大久保利和、牧野伸顕らとアメリカで知ったベースボールを持ち込み、日本最初のクラブチーム「新橋アスレチッククラブ」を作った。 日本に初めてベースボールが伝わったとされているのが1872(M5)帝国大学の前身である第一大学区第一番中学でアメリカ人教師ホーレス・ウィルソンが学生達に教えたのが最初とされている。 木戸孝允と妻の松子の間には子がなく、孝允も早死したため、木戸家の家督を継いだのは、孝允の妹の治子と孝允こと桂小五郎と盟友の間柄であった来原良蔵との間に生まれた次男の木戸正二郎である。 1884(M17)7月7日に木戸孝允の功により正二郎が侯爵を授爵したが、同年10月28日に没したため、木戸家継承者がいなくなり、孝允の妹の治子と来原良蔵の長男である孝正が急きょ養子となって木戸家と侯爵を継承した。 孝正の妻である妙子は孝允の先妻の子であるため孝允の血は受け継がれたことになる。継承後、東宮侍従長となり、宮内顧問官などを歴任した。なお、息子の木戸幸一は孝正と妙子の間の子ではない。 妙子が早死したため、孝正の後妻に迎えた山尾庸三(宮内顧問官)の長女の寿栄子との間に生まれた子供である。

<日本史有名人の子孫たち>
<日本の名門1000家など>
<森光俊様より情報提供>
<仲村顕様より情報提供>


*山口藩士の木戸孝允(桂小五郎)は幕末維新に際し活躍し、維新後、参議・文部・内閣顧問等を歴任し、西郷・大久保と並び「維新の三傑」と言われた。その功により、孝允の養子の木戸正二郎(同墓)が侯爵を授爵した。 孝正以降は、政治家として活躍した幸一が継ぐ。

*木戸孝允(桂小五郎)の墓所は京都市東山区・護国寺。多磨霊園の墓所には、侯爵を授爵した木戸正二郎、長男の木戸幸一、その息子ので弁護士の木戸孝彦の他、木戸孝信、木戸忠太郎らの名前が刻む。 幸一の長男は日本勧業角丸証券常務などで活躍した木戸孝澄。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。