メイン » » » 西川文子
にしかわ ふみこ

西川文子

にしかわ ふみこ

1882.4.2(明治15)〜 1960.2.23(昭和35)

明治・大正・昭和期の婦人運動家

埋葬場所: 18区 1種 19側

 旧姓志知。岐阜県安八郡南杭瀬村外野の庄屋の家に生れる。父は志知伊左衛門、母の愛の二女。
 郷里の高等小学校卒業後、1894(M27)京都府女学校本科入学、補修科を経て、1900(M33)新設の同校国漢専攻科に進み、'03卒業。 在学中、歌人で国学者の猪熊夏樹の指導をうけたが、旧風の学問や歌風にあきたらず、与謝野晶子(11-1-10-14)や新詩社の作風にひかれた。 晶子の妹の里子とは女学校以来の親友で、里子はのち文子の兄の志知善友と結婚した。文子は日露戦争非戦論者が終結した平民社の結成メンバーであった西川光二郎(同墓)と結婚。 文子も夫の一般人の立場からの社会主義運動に感化され、大正期頃から婦人運動家として活動をおこしていった。 1913(T2)5月に西川文子、木村駒子、宗教家宮崎光子らの主宰で、新真婦人社の機関誌として『新真婦人』として創刊した。明確に女性問題・女性解放を見据えた評論雑誌として注目された。 文子は大正デモクラシー期の女性運動の息吹を十分に伝え、特に著書「婦人解放論」は多くの人たちに希望を抱かせた。男性中心社会に対しての婦人運動展開は、当時としては命がけの画期的な運動であったのだ。

<日本女性人名辞典など>


墓所


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・な行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。