メイン » » » 田中義一
たなか ぎいち

田中義一

たなか ぎいち

1864.7.25(元治1)〜 1929.9.29(昭和4)

明治・大正期の陸軍軍人(大将)、政治家、男爵

埋葬場所: 6区 1種 16側 14番

 長州藩士田中信祐の3男。1876(M9)萩の乱に参加したが年少のため罪を免がれ、83陸軍へ。 1886.6.25(M19)陸軍士官学校卒業(旧8期)。同期に浅川敏靖(後の中将:4-1-21-13)、有田恕(後の中将:8-1-13)、永沼秀文(後の中将:19-1-21-16)、藤井幸槌(後の中将:4-1-35-16)、宮田太郎(後の中将:1-1-4)、岸田庄蔵(後の中佐:18-1-10-1)らがいる。
 98〜02ロシア留学、04日露戦争に満州軍参謀として出征。09陸軍省軍事課長〈良兵即良民〉主義を唱え、帝国在郷軍人会結成に尽力。10少将。12(T1)歩兵第2旅団長、15中将・参謀次長、全国民を軍部の指導下に組織化することを企てた。 16満蒙挙事失敗、18シベリア出兵を指導、原・山本両内閣の陸相、軍備拡充に努め、20男爵。21大将。26貴院議員。27(S2)首相、外務・内務・拓務大臣兼任。大陸進出強行、最初の普通選挙(総選挙)を実施、治安維持法を強め共産党弾圧。28張作霖爆殺事件の処理で天皇の不興を買い総辞職し、その後急死した。

<コンサイス日本人名事典>


*1920(T9)9.7陸軍大将、陸軍大臣などの功により男爵を授爵した。没後の継承者は戦後政治化として活躍した長男の田中龍夫(同墓)である。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。