目次を飛ばして本文へ パン屑リストへ
サイトのトップページへ
Powered by Google
目次
長さの単位
パーセンテージ
URL(URI)

単位や

単位だけの章で短いけど、宜しゅ。よう使う単位ちうことで、ここでまとめて書くで。そんな心配せんかて、数は多ない。

長さの単位

いっちゃんよう出てくる、長さの単位や。任意の正負符号(デフォルトはプラス)の後に、数値、単位識別子(例えば'px'とか'pt'とか)と続くんや。絶対値がゼロ未満の場合、頭のゼロは省けるんやて。つまり、'0.5'は'.5'て書いてもええちうこっちゃな。

あ、長さが'0'(ゼロ)なら単位識別子は省略出来るで。

そんで、肝心の単位識別子やねんけど、絶対単位相対単位の2種類に大きく分かれんねん。

簡単な方から説明してこか。絶対単位ちうのんは、物差しで測るねん。プラスチックとかで出来とる、モノホンの物差しや。せやから、ディスプレイで表示されとるのを測っても、紙に印刷されとるのを測っても、長さ一緒やねん。

その単位ちうのは以下。よう知ってる単位もあるやろ。

in
インチ -- 1inは2.54cm
cm
センチメートル
pc
パイカ -- 1pcは12pt
mm
ミリメートル
pt
ポイント -- 1ptは1/72in

使い方はこんなトコや。
h1 { margin: 0.5in }      /* インチ */
h2 { line-height: 3cm }   /* センチメートル */
h3 { word-spacing: 4mm }  /* ミリメートル */
h4 { font-size: 12pt }    /* ポイント */
h4 { font-size: 1pc }     /* パイカ */

で、もひとつの相対単位やねんけど、これは、物差し以外のもんで測るねん。

em
エム -- 関連要素の'font-size'の値を参照するんや。'font-size'自身にこの単位を使うと親要素の'font-size'の算出値を参照するで。
ex
エックス -- 関連要素のフォントの小文字'x'の高さを参照するねん。いうても、1em=2exで固定したある場合が多いけどな。
px
ピクセル -- 閲覧してるデバイスの解像度を参照するんや。いうても、これ、ほとんど絶対単位やねん。96dpi推奨いうて、OSによってこの値は固定されとるさかい。

パーセンテージ

これはあんまし説明する事あれへんな。形式は、任意の正負符号(デフォルトはプラス)の後に、数値、最後に単位'%'を付けて終わりや。それぞれのプロパティ、参照する値が違うから、詳細は各々のプロパティの表を見てな。

URL(URI)

HTML4になってからURLやのうてURI呼ぶようになったんは知ってっか? せやけど、このサイトじゃぁ一々呼び方変えんのもめんどいし、前の呼び方、URLで通してるしな。

HTMLやってたら、大体は分かってるやろから、詳しい解説はせえへんで。詳しい事知りたいんやったら、URLについては[RFC1738](日本語訳)とか[RFC1808]を、URIについては[URI]とか[RFC2396](日本語訳)とか読んでんか。英語やで。ま、そこまでせんかて、パスについてだけでも十分や思うけど。ほかにもURL中のチルダにまつわる話、ほかの[URIとURLの違い]とか、URIとファイルディレクトリの[URIとURL]とかUniform Resource Identifiersとか役に立つんちゃうかな。

形式は、"url("と来て一重か二重引用符で括ったリソースのURL、で最後は")"で閉じるんや。引用符は省略出来るで。以下の3種類ゆう事になるね。
url("http://www.bg.com/pinkish.gif")
url('http://www.bg.com/pinkish.gif')
url(http://www.bg.com/pinkish.gif)

( の後と ) の前には好きに空白類入れてええんよ。

そいでな、HTMLみたいに、URLフルに書く絶対パス以外に、相対パスで書く事も出来るんや。こないな具合にな。
body { background: url("yellow.jpg") }

せやけど、注意してや。CSSでの基準のディレクトリは、ソース文書のディレクトリやなくてスタイルシート自身のディレクトリやで。CSSだけ別ディレクトリで保管しよ思てる人は要注意やな。

おお、やっと説明しがいのあるやっちゃな。

キーワード

普通に色の名前書き込むやり方やね。HTML4.01じゃ、aqua(#00FFFF)black(#000000)blue(#0000FF)fuchsia(#FF00FF)gray(#808080)green(#008000)lime(#00FF00)maroon(#800000)navy(#000080)olive(#808000)purple(#800080)red(#FF0000)silver(#C0C0C0)teal(#008080)white(#FFFFFF)yellow(#FFFF00)の16色が用意されてんな。これ、そのまんまCSSで使えんねん。CSS側やとこの16色のRGB値は決めたあらへんのやけど、HTML側で決めたあるし、心配せんで使(つこ)たらええよ。ほかにも、いろんな色があるねんで。

それからな、CSS2になって、ユーザの環境を考えよゆう事になってな、システム色いうのんが導入されたんや。これには、

  1. ユーザの感覚にフィットしたページを作成出来る。
  2. 身体障害の為にユーザ設定を変更してある場合、よりアクセシビリティの高いページを作成出来る。

ちう2つの利点があるんや。

あ、大文字小文字の区別は無いんやけど、書き方は統一しといたほうが、後で自分が見やすいわな。

ActiveBorder
アクティブウィンドウの境界色→ 
ActiveCaption
アクティブウィンドウのタイトルバーの色→ 
AppWorkspace
様々な文書インターフェースの背景色→ 
Background
デスクトップの背景色→ 
ButtonFace
ボタン表面の色→ 
ButtonHighlight
選択状態のボタンの色→ 
ButtonShadow
ボタンの影の色→ 
ButtonText
ボタンの文字色→ 
CaptionText
タイトルバー、四隅のサイズ変更ボックス、スクロールバーの矢印などの文字色→ 
GrayText
使用不可を表すグレー→ 
Highlight
選択領域の色→ 
HighlightText
選択領域の文字色→ 
InactiveBorder
非アクティブウィンドウの境界色→ 
InactiveCaption
非アクティブタイトルバーの色→ 
InactiveCaptionText
非アクティブタイトルバーの文字色→ 
InfoBackground
ヒント表示の背景色→ 
InfoText
ヒント表示の文字色→ 
Menu
メニューの背景色→ 
MenuText
メニューの文字色→ 
Scrollbar
スクロールバーの色→ 
ThreeDDarkShadow
3Dオブジェクトの暗い影の色(光源の反対側の辺)→ 
ThreeDFace
3Dオブジェクト表面の色→ 
ThreeDHighlight
3Dオブジェクト選択時の色→ 
ThreeDLightShadow
3Dオブジェクトの明るい影の色(光源側の辺)→ 
ThreeDShadow
3Dオブジェクトの影の色→ 
Window
ウィンドウの背景色→ 
WindowFrame
ウィンドウの骨組みの色→ 
WindowText
ウィンドウの文字色→ 

段落の文字色と背景色をユーザのウィンドウと同じに指定したいんなら、次みたいに記述すりゃええよ。
p { color: WindowText; background-color: Window }

#RRGGBB

これも、HTMLやってたら敢えて説明する必要はあれへんかいな。でも、一応一通り説明するで。

これは #2F8A44 てゆう具合に、16進法の6桁の数字で色を指定する方法なんやわ。16進法ゆうたら、0, 1, 2, ..9, A, ..F, 10, 11, ..FE, FF, 100 ってな具合に増えていくんやで。

最初の2桁、2F の部分が赤の量、次の2桁、8A の部分が緑の量、最後の2桁、44 の部分が青の量を表すんや。00 がなんにもなぁで、FF がマンタンや。16進法やし、各色256段階やね。

光で考えるんやで。せやから、#000000 が真っ黒で、#FFFFFF が真っ白や。

参考になるかならんか分からんけど、色のサンプル置いとくわ。

この二つ以外は、HTMLにはあれへんな。

#RGB

これは、上の簡略表記っちうところやね。それぞれの色の量を16段階で表すんや。つまり、#000000 は #000、#AA8822 は #A82 とおんなじねんや。

あれ?  なんやもう終ってもうたんか。単位だけやもんな。


page top
最終更新日:2004年02月28日
Copyright © 2002-2004 ばあど All Rights Reserved.