メイン » » » 山中峯太郎
やまなか みねたろう

山中峯太郎

やまなか みねたろう

1885.12.15(明治18)〜 1966.4.28(昭和41)

昭和期の児童文学者

埋葬場所: 14区 1種 8側 7番

 大阪出身。旧姓は馬淵。筆名に山中未成、大窪逸人、石上欣弥がある。大阪の呉服商の馬淵浅太郎の次男として生まれるが、三歳のときに一等軍医の山中恒斎の養子となった。
 1905.11.25(M38)陸軍士官学校卒業(18期)。同期に阿南惟幾(後に大将:13-1-25-5)、山下奉文(後に大将:16-1-8-6)、甘粕正彦(2-2-16)の兄の甘粕重太郎(中将)、井上政吉(後に中将:20-1-18-12)、大島浩(後に中将:14-1-2-3)、小泉恭次(後に中将:22-1-50)、澤田茂(後に中将:4-1-26-2)、内藤正一(後に中将:9-1-19)、飯塚朝吉(後に少将:3-1-25)、石井善七(後に少将:12-1-13-13)らがいた。'06.6.26歩兵少尉に任官し、近衛歩兵第3聯隊附。 '10歩兵中尉となり、陸軍大学に入学するも'12退校。'13近衛歩兵第3聯隊附となる。朝日新聞社通信員として中国渡航。 翌年陸軍を依願免官し、中国革命軍に投じた。清朝から中華民国へ変化する中国大陸の政治情勢の中、袁世凱に敗れて亡命してきた孫文らを支援。 さらにインド人の亡命革命家チャンドラ・ボースらをかくまった。しかし、日英同盟に従属する日本政府、袁世凱・孫文などの勢力均衡の上に立とうとする日本陸軍との間には亀裂が生じ、第一次世界大戦の勃発と、反日運動の高まり、袁世凱と孫文の連携などによって、西欧による植民地支配からの解放を目指した山中のアジア革命幻想は潰え去った。
 '17(T6)亡命の形で帰国するも「淡路丸偽電事件」による風評の流布により逮捕される。翌年、懲役2年(取引所法・電信法違反) の判決が下る。これは「客船淡路丸が沈没した」という嘘の情報を新聞社に流し株式市場を混乱させたという罪である。'19出獄。
 陸軍軍人や中国革命家の傍らで、文筆活動も行っており、'06(M39)大阪毎日新聞に『真澄大尉』を吾妻隼人の名義にて連載を皮切りに、'10以降は朝日新聞などの各新聞や雑誌に山中未成、石上欣弥、大窪逸人の名義にて執筆活動を行った。 『幽霊探訪』('16)は大窪逸人として残した作品。出獄後は宗教的な著述を精力的に行うようになる。 当時は、聖(内なる思い)と俗(生活のための売文への疑問)との迷いの中にあったが、関東大震災の経験により、迷いからの脱却を遂げ、以後、精力的に執筆活動に打ち込み、少年冒険小説作家として活躍。
 '30(S5)「少年倶楽部」に軍事冒険小説『敵中横断三百里』の連載を開始。日露戦争のとき、中国東北部に深く潜入した建川美次(13-1-2)中尉をリーダーとした挺身斥候隊6人の活躍のモデル作品で大人気を博した。 翌年出版されベストセラー。これを機に'32『亜細亜の曙』、'33『万国の王城』、'34『大東の鉄人』などベストセラーを立て続けに刊行し、映画化にもなる。 戦前は戦記ものの作品が多かったが戦後は、伝記小説、SF小説のほか、'56より翻案『シャーロック・ホームズ全集』で日本中の子供たちを熱狂させた。(後、正確な翻訳ではないという一部の抗議によって絶版に追い込まれてしまった。)享年80歳。
 主な著書に『現代空中戦』('14)、『生ける少女』('20)、『我れ爾を救ふ』(シリーズ)、『俺は帰る』('21)、『私の生死』('23)、『爆進三人男』('30)、『聖なる乳房』('32)、『白道を歩む』('35)、『亜細亜のスパイ戦』('36)、『火線の三人兵』('36)、『世界無敵弾』('37)、『戦に次ぐもの』('38)、『泥の担架』('38)、『新支那の感情』('39)、『空と陸の秘密戦』('40)、『覚(ぼだい)に生きる』('41)、『大東亜少年軍』('41)、『東亜武侠人』('42)、『戦車部隊』('43)、『国性爺合戦』('44)、『国は一つなり』('46)、『地下の迷宮』('47)、『洞窟の王冠』('48)、『曙の傑人』('48)、『少年少女時代小説 風雲龍虎陣』('49)、『嵐に叫ぶ少年』('50)、『陸軍反逆児』('54)、『とびだせ英二!!』(シリーズ '58)、『肚で行く』('65)など多数。『見えない飛行機』『禅とはなにか』『小指一本の大試合』『星の生徒』などリバイバル作品も多く、また'29(S4)山中ミユキ夫人と共著で『円満御家庭』も刊行した。'66『達磨』執筆が絶筆。

<コンサイス日本人名事典>


*山中峰太郎とするものもある。

*墓石は細長い石塔のような墓石であり、正面「山中家」と刻む。享年82歳と刻む。


【挺身隊と多磨霊園】
 山中峯太郎の代表作である『敵中横断三百里』('31刊行)は建川美次(13-1-2)率いる建川挺身隊を描いた作品である。 山中はロシア軍の背後に潜入した挺身隊を描いた『敵中四騎挺進』('41刊行)を出している。 このモデルとなった人物は山内保次(12-1-31)である。作品にはなっていないが、同じくロシア軍の背後に潜入した永沼秀文(19-1-21-16)率いる永沼挺身隊がある。 3部隊の挺身隊長、その武功を著した作家が同じ霊園に眠る。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。