メイン » » » 杉山 元
すぎやま はじめ

杉山 元

すぎやま はじめ

1880(明治13)〜 1945(昭和20)

大正・昭和期の陸軍軍人(元帥)

埋葬場所: 15区 1種 3側 11番

 日露戦争に中尉で出征、課爪駐剳武官・飛行第2大隊長・国際連盟空軍代表随員をへて、1922(T11)初代の陸軍省航空課長となり、陸軍航空育ての親となる。 23陸軍省軍事課長、国際連盟陸軍代表、28(S3)陸軍省軍務局長、以後陸軍次官・第12師団長・航空本部長・参謀次長兼陸大校長などをへて、36教育総監となり、同年陸軍大将。 37近衛内閣の陸相、日中戦争拡大派を支持した。38北支那方面軍司令官・軍事参議官、40〜44まで参謀総長。太平洋戦争の指導にあたり、43元帥。 44教育総監・小磯内閣の陸相、45本土決戦にそなえ第1総軍司令官となったが、敗戦直後 の9月に自決した。

<コンサイス日本人名事典>


すぎやま はじめ 墓誌


杉山啓子(すぎやま けいこ)
生年不詳〜 1945.9.12(昭和20)
陸軍元帥杉山元の妻
 杉山元は1945(S20)8月15日御詑言上書を認めると、9月12日第一総軍司令官室において自決した。 言上書の内容は数百万の将兵の生命と巨億の国費を費やし、さらに家屋、家財を失い、宸襟を悩まし、その罪は万死するも及ばないというものだった。啓子は元の自決を確かめると自宅に帰り、あとを追って自刃した。乃木希典夫妻の自刃に比すべきものといわれている。
 付け加えだが、杉山元は自殺を図った拳銃の引き金がひけないと聞きに行き、安全装置をはずしてもらいやっと事を遂げたのに対し、妻の啓子は短刀一突きで事を遂げたという逸話が残る。

<日本女性人名辞典など>


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。