メイン » » » 宇垣一成
うがき かずしげ

宇垣一成

うがき かずしげ

1868(明治1)〜 1956(昭和31)

大正・昭和期の陸軍軍人(大将)、政治家

埋葬場所: 6区 1種 12側 1番

 岡山県出身。陸軍大学校卒業後、参謀本部員、ドイツ駐在武官を経て、陸軍省軍務局軍事課長となる。清浦圭吾・加藤高明・第一次若槻礼次郎内閣の陸軍大臣。 大正デモクラシー運動の軍縮要求に対応して4個師団を廃止(宇垣軍縮)、代わりに軍隊の近代化を進め、学校教練制度や青年訓練所制度を実施し、軍部による国民統合への道を進めた。 29(S4)浜口雄幸内閣陸相、陸軍内に宇垣閥を作り、31青年将校らによるクーデター未遂事件「三月事件」の黒幕。 同年、朝鮮総督。38近衛内閣の外相兼拓相。つねに「政界の惑星」であった。戦後53参院選挙に出馬し全国最高点当選した。

<コンサイス日本人名事典>


胸像

*墓所内には宇垣一成の銅像が建つ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。