メイン » » » 蘆川良治
あしかわ りょうじ

蘆川良治

あしかわ りょうじ

?〜 1950.8.23(昭和23)

明治・大正・昭和期の陸軍軍人(少将)

埋葬場所: 3区 1種 29の2側

 山形県出身。1899.11.21(M32)陸軍士官学校卒業(11期)。同期に寺内寿一(元帥)、高橋真八(中将:22-1-39)、多門二郎(中将:13-1-10-15)、馬渕直逸(中将:3-1-3-10)、梅澤力助(少将:23-1-1)、小野茂幸(少将:25-2-14)、西郷豊彦(少将:14-1-9)、長谷川国太郎(少将:13-1-7)、松田清彦(少将:20-1-7)、西郷従徳(大佐・侯爵:10-1-1-1)らがいた。1900.6.22歩兵少尉任官。
 '15.12.11(T4)陸軍大学校卒業(27期)。同期に大島浩(後に中将:14-1-2-3)、小泉恭次(後に中将:22-1-50)、草場辰巳(後に中将:5-1-23)、 沼田徳重(後に中将:20-1-29)、浅野嘉一(後に少将:15-1-15)、後藤廣三(後に少将:9-1-5)、田中毅一(後に少将:12 -1-13-5)らがいた。'20.8.10歩兵第60聯隊附に補される。'23.8.6 歩兵大佐に昇格し静岡聯隊区司令官に任ぜられた。
 '25.5.1静岡聯隊区司令部附被仰付、同.7.10第7師団司令部附(北海道帝国大学配属将校)を経て、'27.7.26(S2)歩兵第19聯隊長に就任した。'29.8.1少将に昇進し待命、同.8.31予備役となった。功5級。

<帝国陸軍将軍総覧>
<陸海軍将官人事総覧>


墓所

*墓石は和型「蘆川家之墓」。右側に墓誌があり、戒名は大雄院慈眼良祥居士。行年は74歳と刻む。妻は はる。子の蘆川春雄(同墓)は陸軍大佐で、「備忘録」と題した日記はノモンハン事件の研究に欠かせない第一級の記録とされています。

*「蘆川」は「芦川」と表記されていることもあります。墓石や墓誌には「蘆川」と刻むため、こちらにて表記します。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。