メイン » » » 二子石官太郎
ふたごいし かんたろう

二子石官太郎

ふたごいし かんたろう

?〜 1942.9.26(昭和17)

明治・大正・昭和期の陸軍軍人(中将)

埋葬場所: 17区 1種 10側

 熊本県出身。1896.5.27(M29)陸軍士官学校卒業(7期)。同期に畑英太郎(後の大将:6-1-16-3)、河西惟一(後の中将:16-1-17-55)、川瀬亨(後の陸軍中将:8-1-7-9)、大竹澤治(後の少将:2-1-4-14)、中村安喜(後の少将:7-1-2-14)、羽入三郎(後の少将:3-1-3)、壬生基義(後の少将、伯爵:21-1-12-10)らがいる。1897.1.25歩兵少尉任官。
 陸軍歩兵少尉に任官し、1902陸軍大学校に入校するも二年後に中退、'06復学し、'07陸軍大学校卒業(19期)。 同期に荒木貞夫(大将:8-1-17)、松木直亮(大将:10-1-4-19)、本庄繁(大将:13-1-4)、阿部信行(大将・総理大臣)、真崎甚三郎(大将)、新井亀太郎(中将:13-1-4)らがいた。
 '16(T5)第7師団参謀を経て、'17.8.6陸軍歩兵大佐となり、歩兵第52聯隊長。' 18第5師団参謀長、'22.8.15陸軍少将となり、第16師団司令部附、'24歩兵第12旅団長、'26第3師団司令部附を歴任し、'27.3.5(S2)陸軍中将となり、東京湾要塞司令官となった。'28.3.8待命、3.29予備役。
 '33(S8)SF作家の海野十三(4-1-25)と「日の出」4月附録において『空襲下の日本』を共著し、後に『国難来る!日本はどうなるか』の書籍にも掲載された。功三級。娘は陸軍少将岡本徳三(9-1-19)に嫁す。

<帝国陸軍将軍総覧>
<日本陸軍将官総覧など>


*墓石は和型で正面は「陸軍中将二子石官太郎 / 室 房子 之墓」。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。