メイン » » » 羽入三郎
はにゅう さぶろう

羽入三郎

はにゅう さぶろう

〜 

明治・大正期の陸軍軍人(少将)

埋葬場所: 3区 1種 3側

 兵庫県出身。1896.5.27(M29)陸軍士官学校卒業(7期)。同期に畑英太郎(後の大将:6-1-16-3)、河西惟一(後の中将:16-1-17-55)、川瀬亨(後の陸軍中将:8-1-7-9)、二子石官太郎(後の中将:17-1-10)、大竹澤治(後の少将:2-1-4-14)、中村安喜(後の少将:7-1-2-14)、壬生基義(後の少将、伯爵:21-1-12-10)らがいる。1897.1.25歩兵少尉任官。その後、様々な要職を経て、1917.8.6(T6)釧路聯区司令官を任ぜられた。'19.7.25大佐に昇進し、'20.8.10歩兵第58連隊長に就任した。'23.8.6少将に進級したと同時に待命、同.9.1予備となった。功4級。

<帝国陸軍将軍総覧>
<日本陸軍将官総覧など>


*墓石は和型「羽入家累代之墓」。裏面に「昭和十一年八月 八代々主 三郎 建之」と刻む。墓誌はない。

*娘は中村震太郎に嫁いだ。中村震太郎は1931(S6)対ソ作戦計画のため現地調査の目的で変装して満州興安嶺方面を農業技師と身分を詐称して調査旅行中、6月27日中国兵にスパイとして殺害された。没後進級し最終階級は陸軍少佐。これは「中村大尉殺害事件」として注目され、関東軍は参謀本部将校が中国軍に殺されたことは、前代未聞、未曾有の事件で、外交上重大事件だと発表。後の柳条湖事件、満州事変の発端となった。


※長年、陸軍リストには「はねいり」と掲載していましたが誤りで、「はにゅう」が正しい。また、墓地番地を「18-1-33」と掲載していたが、その番地に羽入家の墓はない。散策中に偶然、3区にて発見した。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。