メイン » » » 島 安次郎
しま やすじろう

島 安次郎

しま やすじろう

1870.8.7(明治3)〜 1946.2.17(昭和21)

明治・大正・昭和期の
鉄道技術者、車輌の神様

埋葬場所: 15区 1種 2側 15番

 和歌山県和歌山市出身。薬種問屋の「島喜」の4人兄弟の次男。親の意向もあり医学の道を志すも、途中で志望を変更し、東京帝国大学工学部機械工学科に入り、卒業。
 1894(M27)関西鉄道に入社し、高性能機関車「早風」を投入するなど機関車の改良、等級別車輌の導入、ピンチ式ガス燈の導入、夜間車内証明の導入など旅客サービス改善に尽力した。 汽車課長の時の1907に鉄道院(国鉄の前身)工作局(逓信省)に移り、鉄道院鉄道作業局工作課長となる。 技術幹部として蒸気機関車の開発や鉄道の国有化に携わる。のち技監。この間、ドイツに2度留学(最初は自費留学)をし、最新の鉄道事業を見聞調査をした。 帰国後は、機関車の改良・国産化、国有鉄道の機関車の形式統一、自動連結器の導入、空気ブレーキの導入などを実現。局長となり9600形機関車などの設計・製作にあたる。
 鉄道院総裁の後藤新平や田健治郎(2-1-6-6)らの支持を得て、国鉄の広軌改築計画を策定。広軌改築派の理論的・技術的中心人物として、広軌化計画に関与した。 しかし、当時の政界は利権重視の地方ローカル線延伸を優先し、幹線の改軌による輸送力向上という「改主建従」主張は受け入れられなかった。 更に1918(T7)原敬内閣で「狭軌ニテ可ナリ」という国会議決が可決され、署名捺印を拒否して辞職した。
 辞職後、東京帝国大学講師となる。息子で後に新幹線開発に携わる島秀雄(同墓)は在学中に父の講義を受けている。 その後、南満州鉄道株式会社(満鉄)筆頭理事・社長代理となる。'25汽車製造会社(汽車会社)社長に就任し、「あじあ号」の設計に関与。 '37(S12)中島知久平(9-1-2-3)が鉄道大臣に就任後、大陸との連結運輸が叫ばれ、幹線構想が動き出し、'39鉄道大臣の諮問機関として「鉄道幹線調査会」が発足すると、特別委員長に選任された。 この委員会で「弾丸列車」の俗称で有名になる新幹線構想が発表される。 内容は、増設路線は複線電化、長距離高速度列車の集中運転(貨車列車など走らせない)、広軌(1435mm)など、現在の新幹線構想ほぼそのままの構想であった。 '41計画は実施に移されるが、着工してまもなくして太平洋戦争に突入。更に戦局の悪化で計画は中止となる。弾丸列車実現を見ずして没す。享年77歳。
 その後、弾丸列車構想は新幹線開発と名前を変え、長男の島秀雄(同墓)や、四男の島文雄(海軍飛行設計士から新幹線開発を経てYS-11の設計に携わる)が、父の意志を継ぎ実現させた。 また、秀雄の次男で孫の島隆(1931-)は東北上越新幹線の車両設計責任者、新幹線輸出第一弾の台湾高速鉄道の顧問を務めた鉄道人であり、三代に渡り鉄道に関係、新幹線の基礎、実現、海外輸出を担ったことになる。 安次郎は日本の鉄道事業の草創期の技術者として、“車両の神様”と称えられた。

<『日本鉄道物語』(橋本克彦著)>
<講談社日本人名大辞典など>


*墓前面に「島家」。小さく十河信二揮毫と記されている。昭和34年7月建とあることから、妻の順が没した年に島秀雄が建立した墓である。裏面は墓誌となっており、安次郎、秀雄らの名前と没年月日、行年が刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。