メイン » » » 田 健治郎
でん けんじろう

田 健治郎

でん けんじろう

1855(安政2)〜 1930(昭和5)

明治・大正期の官僚、政治家、男爵

埋葬場所: 2区 1種 6側 6番

 幼名梅之助、諱は季秋、号を護山。1864(元治1)丹波国(兵庫県)篠山藩の儒者渡辺弗措の塾生となり、のち柏原藩の小島省斎に学ぶ。 維新後、74(M7)熊谷県庁に出仕し、これより官界に入る。多くの県の警察部長などを歴任。その後、逓信書記官・郵務・逓信局長・逓信次官となる。96ハンガリー万国電信会議に委員として参加。 1906勅選貴院議員。07男爵。16(T5)寺内内閣の逓相。19台湾総督就任、これは従来の武官総督制から文官総督制への変化を意味した。 23山本内閣の農商務相と司法相を兼任し、26枢密顧問官。その他に、1898関西鉄道会社・1907九州炭鉱などの社長、19南洋協会会頭、25電気協会会長。

<コンサイス日本人名事典>


*1907(M40)政治家として活躍した功により男爵の爵位を授爵された。健次郎没後は篤→健一。なお、ニュースキャスター、衆議院議員で活躍した田英夫は健次郎の孫、篤の甥である。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。