メイン » » » 中島知久平
なかじま ちくへい

中島知久平

なかじま ちくへい

1884.1.11(明治17)〜 1949.10.29(昭和24)

大正・昭和期の実業家(中島飛行機)、政治家

埋葬場所: 9区 1種 2側 3番

 1917(T6)大尉で退役し、海軍に勤めて飛行機製造技術の開発、多くの飛行機工場長を経て、日本初の民間飛行機製作所の中島飛行機株式会社を設立。 戦争拡大とともに軍用機生産で社業を拡張し、陸軍戦闘機〈隼〉はじめ飛行機の3割近くを独占生産する大企業に成長。 敗戦直前には一時国営に転換された。この間、政界にも進出、30(S5)以来衆院議員当選5回、37総裁代行委員に就任。 近衛内閣のもとで内閣参議・翼賛会顧問に選ばれ、戦時中は翼政会・日政会各顧問をつとめる。 敗戦直後、東久邇内閣で軍需省解体までの短い期間、軍需相、解体後商工相就任。A級戦犯。

<コンサイス日本人名事典>


墓所

*広大な墓所に中島知久平と中島家の大きい墓石が二基建つ。建立者は中島源太郎で、裏面に名が刻む。右側に墓誌があり、知久平・源太郎・洋次郎の名が刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・な行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。