メイン » » » 根津嘉一郎
ねづ かいちろう

根津嘉一郎

ねづ かいちろう

1860(万延1)〜 1940(昭和15)

明治・大正・昭和期の政治家、実業家

埋葬場所: 15区 1種 2側 10番

 20歳の時に甲斐から上京し、漢学者の馬杉雲外の門下に入った。その後郷里に戻り郡会議員・県会議員をつとめ、共愛社、山梨同志会などを作った。1904(M37)衆院議員に当選。 帝国石油を設立して社長に就任したほか、05東武鉄道、06館林製粉、日清製粉、東上鉄道などの社長を歴任したが、29(S4)にいたり徳富蘇峰(6-1-8-13)の「国民新聞」の社長を引き受けた。 東京商工会議所顧問、貴族院議員などをつとめた他に、武蔵高校、根津化学研究所の創立など学術・文化事業の方面でも名を知られた。 古美術愛好家としても知られ、没後そのコレクションをもとに根津美術館(東京青山)が設立された。

<コンサイス日本人名事典>


墓所

*嘉一郎の長男である2代目根津嘉一郎(同墓)は、先代没後、事業を50年の長きに渡り引張った実業家である。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・な行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。