メイン » » » 根津嘉一郎 (二代目)
ねづ かいちろう

根津嘉一郎 二代目

ねづ かいちろう

1913.9.29(大正2)〜 2002.2.15(平成14)

昭和・大正期の実業家(東武系経営者)

埋葬場所: 15区 1種 2側 10番

 東京都出身。幼名は藤太郎。「鉄道王」と呼ばれた東武鉄道の実質的な創業者である父親の先代根津嘉一郎(同墓)と母の久良の長男として生まれる。
 1936(S11)東大経済学部卒。'40先代根津嘉一郎が創業した東武鉄道に入り、秘書となる。先代が死去後、'41に同社社長に就任した。宮島清次郎や正田貞一郎(15-1-1-23)を後見役としてスタートした。 '41(S16)7月に27歳で東武鉄道の社長に就任し、94(H6)6月まで約53年間社長を務めた。実業界の最長不倒記録を誇った。'60(S35)9月から約22年間、東武百貨店の社長も務めるなど、東武グループの多角化を推進した。 戦災を受けた鉄道の復興を成し遂げるとともに、百貨店や不動産、レジャーなど、東武グループの多角化を進めた。父の教えである「質実剛健」を守り、鉄道事業中心の経営を忘れなかった。 社団法人「日本民営鉄道協会」会長や経団連常任理事など、経済界の要職も多く務めた。'84(S59)勲一等瑞宝章受章。2001(H13)5月、妻の延子に先立たれ、相談役となり経営から退いた。
 酒もゴルフもやらず、絵画鑑賞が趣味で、館長である根津美術館に出かけるのが何よりの楽しみということからもわかるように、オーナー経営者にありがちなワンマンではなく、社員に対して声荒く叱ったりすることもなかった。 東武百貨店社長の根津公一、6代目東武鉄道社長の根津嘉澄の父親。
 2002(H14)2月15日午後4時54分心不全のため東京都港区の山王病院で亡くなった。享年88歳。

<現代日本朝日人物事典>
<産経新聞2002.02.17訃報記事>


*墓所は大きな敷地に小さな墓石の右側に大きな墓標が建つ。なお、先代の根津嘉一郎の墓石は隣の敷地に建つ大きな五輪塔である。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・な行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。