メイン » » » 石原吉郎
いしはら よしろう

石原吉郎

いしはら よしろう

1915(大正4)〜 1977(昭和52)

昭和期の詩人

埋葬場所: 11区 1種 16側 17番
(信濃町教会会員墓)

 1938(S13)東京外語大卒業。シェストフ、ドストエフスキーの影響下にカール・パルトを読み、大阪の姫松教会で受洗。 翌39神学校目指して上京、信濃町教会に転会するが、召集を受けロシア語を学び関東軍で情報活動に従う。 敗戦後、ソ連の軍法会議で重労働25年の刑を受けるが、53特赦で帰国。詩作を始め、64『サンチョ・パンサの帰郷』でH氏賞を受賞。73姦尚集『望郷と海』で歴程賞。『全集』全三巻がある。

<別冊歴史読本『日本「キリスト教」総覧』>


墓所 碑

*墓誌に名を確認することができる。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。