メイン » » » 湯浅初子
ゆあさ はつこ

湯浅初子

ゆあさ はつこ

1860.1.23(安政7)〜 1935.3.13(昭和10)

明治・大正・昭和期の社会事業家

埋葬場所: 7区 1種 15側

 徳富一敬(6-1-8-13)の子として熊本県水俣に生まれる。徳富蘇峰(6-1-8-13)と徳富蘆花の姉。熊本洋学校でゼンス夫人に学ぶ。 この時、海老名弾正(12-1-7-18)の妻の海老名美屋(12-1-7-18)と共に学んだ。なお海老名美屋は従兄弟関係である。 卒業後、上京して叔母の矢島楫子(3-1-1-20)が院長を務める女子学院を手伝い、廃娼運動など婦人矯風会の仕事に携わった。 キリスト教徒で群馬県代議士を務めていた湯浅治郎(同墓)の後妻となり、夫の廃娼運動を助けた。5男の湯浅八郎は理学博士。

<女性人名事典>


*1884(M17)死別した先妻の茂登子との間に6人の子、後妻で社会事業家としても活躍した初子との間に8人の子がおり、早逝した3名を除く11人の子を育てた初子は素晴らしい。 なお、先妻の子である長男の湯浅一郎は洋画家、長女にいは同志社大学総長を務めた大工原銀太郎の夫人、次男の三郎は安中の実家を継ぐ、三男の四郎と四男の五郎は早逝、次女ろくは海軍少将福田一郎夫人となった。 後妻初子との子は、三女しちは実業家鈴木晋夫人、五男の湯浅八郎は同志社大学総長・ICU大学長・理学博士、四女くめは教育家浅原丈平夫人、六男の十郎は宗教家、五女かずよは教育家平坂恭介夫人、六女なほよ早逝、七男の餘三は宗教家、八男の餘四郎は学者となった。 それにしても子供たちの名前は一から始まり十までいって、娘二人を挟んで、餘(あまる)三人目、餘四人目と付けるところが、何とも言えない。

墓地


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。