メイン » » » 鮎川義介
あいかわ よしすけ

鮎川義介

あいかわ よしすけ

1880(明治13)〜 1967(昭和42)

大正・昭和期の実業家、政治家

埋葬場所: 10区 1種 7側 1番

 日産コンツェルンの創始者。
 1910(M43)井上馨の援助で戸畑鋳物株式会社を設立。 20(T9)久原房之助より久原鉱業を中心とする系列企業の経営を引継ぎ、28(S3)同社を日本産業株式会社と改称して社長になるとともに、日産自動車・日立電気・日本鉱業等の各社をも掌握、日産コンツェルンを形成した。
 敗戦後戦犯に指名され公職追放。51追放解除後、ただちに中小企業助成会長となり、53参院議員に当選。 56日本中小企業政治連盟を結成して総裁となり、57年11月の臨時国会でこれを屈強の圧力団体として使い、中小企業団体組織法を成立させた。 さらに日本農林漁業政治連盟総裁に就任。'59年自ら参議院選挙に立候補し、当選。 しかし、同時に当選した次男の鮎川金次郎に選挙違反容疑がかけられ、道義上の責任をとって議員を辞職した。

<コンサイス日本人名事典>


*長男の鮎川弥一(同墓)はベンチャー投資支援会社テクノベンチャー社長。 没後、父の後を継ぎ現在、鮎川純太がテクノベンチャー社の社長についている。
2005(H17)1月11日鮎川純太氏は女優でタレントの杉田かおると結婚し「セレブ婚」と話題となったが、同年6月30日に鮎川氏が離婚を決意したと報じ、8月11日に離婚した。


【鮎川純太から見た系譜】

父方曾祖父鮎川弥八10-1-7-1
父方曾祖母鮎川ナカ10-1-7-1井上馨元伯爵・外務卿の姪
なかの妹キヨの夫貝島太助炭鉱王
父方祖父鮎川義介10-1-7-1実業家・政治家
父方祖母飯田美代子10-1-7-1元飯田高島屋会長の娘
鮎川弥一10-1-7-1テクノベンチャー創業者・社長
★本人鮎川純太テクノベンチャー社長
元妻杉田かおる女優・タレント
伯母鮎川春子8-1-1-16西園寺不二男に嫁ぐ
伯母春子の夫西園寺不二男8-1-1-16公爵・日産興業社長
いとこ西園寺公友地球環境情報センター取締役
いとこ西園寺祥子翻訳家
いとこ西園寺裕夫五井平和財団理事長
叔父鮎川金次郎参議院議員
叔母鮎川美菜子夫の瀬木庸介は博報堂社長・白光真宏会理事長
いとこ瀬木能章博報堂DYホールディングス大株主
いとこ瀬木貴正本田技研
母方曾祖父三谷隆正19-1-1法哲学者
母方祖父三谷隆信19-1-1元駐仏大使・侍従長
母方伯母三谷民子19-1-1教育者
母方祖母長尾李恵東京市電気局長の娘
母方伯父三谷 信日本興業銀行・興和不動産監査役
いとこ三谷隆雄新日鉄都市開発
いとこ三谷信雄運輸省
いとこ三谷智雄
母方伯母三谷邦子夫の永井邦夫はオルガノ社長
いとこ永井直子夫の数佐昭は三菱商事
いとこ永井素夫旧興銀・みずほコーポレート銀行
母方伯母三谷道子夫の浅尾新一郎は元イタリア特命全権大使
いとこ浅尾慶一郎民主党参議院議員


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。