メイン » » » 西園寺八郎
さいおんじ はちろう

西園寺八郎

さいおんじ はちろう

1881.4.22(明治14)〜 1946.7.1(昭和21)

明治・大正・昭和期の宮内官僚、公爵、貴族院議員

埋葬場所: 8区 1種 1側 16番

 毛利元徳の八男。毛利元徳は毛利敬親の養子で公爵。宮内官として主馬頭・宮内省式部次長まで進んだ。
 1906(M39)西園寺公望(同墓)の娘の新と結婚し、西園寺家の婿養子となった。翌年、公望が講和大使として渡仏した際に妻と共に随行した。 1921(T10)春、当時皇太子殿下だった昭和天皇が訪英の際、小栗孝三郎海軍中将、高畑誠一らと同行した。この時、プロゴルフの試合を初めて観戦した。1928(S3)12月28日勲一等瑞宝章。 1940(S15)政治界の元老で公爵の西園寺公望が没したため、公爵を継承し西園寺家を継いだ。1940〜1946(S15.12〜S21.4)公爵として貴族院議員。 八郎の長男は政治家の西園寺公一、三男の貴族院議員を務めた西園寺不二男(同墓)がいる。


西園寺 新(さいおんじ しん)
1886.12.20(明治19)〜 1920.1.10(大正9)
西園寺八郎の妻、西園寺公望の娘
 西園寺公望(同墓)庶子女。仏和女学校卒業、日本女子大学卒業。
 1906(M39)八郎と結婚。昨春、父の公望が講和大使として渡仏の際、夫君とともに随行。 遺族は長男の公一(M39)11月生。次男の二郎(M40)10月生。長女の愛子(M41)11月生。 三男の不二男(M43)10月生。次女の春子(T2)1月生。三女の美代子(T4)8月生。 かねて懐妊中流感に罹り東京麻布飯倉片町の八郎邸で療養。数日前流産し容態悪化し1920(T9)1.10逝去。

<大正過去帳197頁>
<五輪塔様より情報提供>


西園寺不二男(さいおんじ ふじお)
1910.11.26(明治43)〜 1986.5.31(昭和61)
明治・大正・昭和期の実業家、公爵、貴族院議員
 妻は日産コンツェルン総裁の鮎川義介(10-1-7-1)の長女。不二男は日産興業社長。貴族院議員にもなった。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。