メイン » » » 森田 宣
もりた のぼる

森田 宣

もりた のぼる

?〜 1961.7.1(昭和36)

明治・大正・昭和期の陸軍軍人(中将)

埋葬場所: 24区 1種 1側

 山口県出身。1902.11.22(M35)陸軍士官学校卒業(14期)。同期に西尾寿造(後に大将:16-1-8)、古荘幹郎(後に大将:20-1-18-11)、佐村益雄(後に中将:12-1-13-41)、橋本虎之助(後に中将:13-1-7)、山室宗武(後に中将:15-1-1)、児玉源太郎(8-1-17-1)の三男の児玉友雄、二宮健市(後に少将:22-1-40-1)、山内保次(後に少将:12-1-31)らがいる。'03.6.26砲兵少尉に任官。'11.11.29陸軍大学校卒業(23期)。同期に川岸文三郎(後に中将:3-1-24)、大家徳一郎(後に少将:12-1-10)、相沢三郎中佐に斬殺(相沢事件)された永田鉄山(中将・軍務局長)らがいた。
 ロシアやイギリスの駐在を務め、少佐の時に『欧州戦争末期に於ける西欧戦場作戦経過の概要』を発表した。'24.8.20(T13)在米国大使館附武官を経て、同.12.15砲兵大佐となる。'28.3.8(S3)野砲第6聯隊長、'29.8.29参本戦史課長を経て、'30.8.1少将に昇格し、野重砲第4旅団長となった。
 '32.8.27 国連陸軍代表に抜擢され、'33.2.4ジュネーブ軍縮会議随員。同.12.28兵本附。'34.8.1中将に進級し、同.12.1由良要塞司令官に任ぜられた。'36.3.7待命、同.3.17予備となるも、'37.7.27招集されて、留守第10師団長に就任した。'38.7.15召集解除。'40.4.29勲一等旭日大綬章受章。

<帝国陸軍将軍総覧>
<日本陸軍将官総覧>


*墓石は正面「森田家之墓」。戒名は浄光院釋指月明朗居士。享年76歳と刻む。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。