メイン » » » 船引正之
ふなびき まさゆき

船引正之

ふなびき まさゆき

1891.8.2(明治24)〜 1963.5.9(昭和38)

大正・昭和期の陸軍軍人(中将)

埋葬場所: 24区 1種 61側

 兵庫県出身。1913.5.26(T2)陸軍士官学校卒業(25期)。同期に小倉尚(後に中将:22-1-62)、山崎保代(後に中将:19-1-2)、吉岡安直(後に中将:3-1-14)、岡本徳三(後に少将:9-1-19)、杵村久蔵(後に少将:16-1-3)らがいる。同.12.25砲兵少尉に任官。'25.11.27陸軍大学校卒業(37期)。同期に清水盛明(後に中将:5-1-25)、吉岡安直、今田新太郎(後に少将:12-1-12-20)、小堀金城(後に少将:14-1-23)、二見秋三郎(後に少将:4-2-新26)らがいる。
 様々な要職を経て、'36.8.1(S11)独立混成第十一旅団参謀を務める。'37.8.2砲兵大佐になり、重砲兵学校研究主事に着任。'38.7.15野戦重砲兵第8聯隊長、'39.11.13関東軍兵器部長を歴任し、'40.3.9少将に昇進し、同.9.28第12砲兵団長に就いた。'41.10.15陸軍技術本部総務部長、'42.10.15陸軍兵器行政本部教育部長を務めた。
 '43.6.10中将に累進し、第64師団長を任ぜられた。'44.3太平洋戦争中は揚州、江北、鎮江、無錫方面の警備に当たっていたが、湖南省長沙に移動し第11軍に編入され長沙の警備に当たった。同.10第20軍に編入され大陸打通作戦の一環である第二次湘桂作戦に参加した。以後、華南で中国軍と交戦を続けたが、'45華中に後退し、湖南省長沙で防御準備を行っている中で終戦を迎えた。功4級。享年71歳。

<帝国陸軍将軍総覧>
<日本陸軍将官総覧>
<大日本帝国陸軍師団一覧>


*墓石正面「船引家之墓」。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・は | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。