メイン » » » 小倉 尚
おぐら ひさし

小倉 尚

おぐら ひさし

1892.2.25(明治25)〜 1943.9.10(昭和18)

大正・昭和期の陸軍軍人(中将)

埋葬場所: 22区 1種 62側

 茨城県出身。1913.5.26(T2)陸軍士官学校卒業(25期)。同期に船引正之(後に中将:24-1-61)、山崎保代(後に中将:19-1-2)、吉岡安直(後に中将:3-1-14)、岡本徳三(後に少将:9-1-19)、杵村久蔵(後に少将:16-1-3)らがいる。同.12.25工兵少尉に任官し、工兵第1大隊附となる。
 '16.11.30陸軍砲工学校高等科卒業(第22期)、'17.8.6中尉昇進。'20.7.10陸軍砲工学校員外学生として東京帝国大学工学部建築学科卒業。'22.8.15大尉、'28.8.10(S3)少佐に昇進し、'30.3.6陸軍省兵器局課員 兼 陸軍技術本部員となる。'32.8.8中佐、'35.4.1陸軍築城部員を経て、'37.3.1大佐に昇格した。この間、ドイツ駐在なども務めている。
 '39.8.1少将に昇進し、高雄要塞司令官に着任。'40.10.22日中戦争中に北支那方面軍兵器部長を務め、'42.12.1中将に進級して、翌日より陸地測量部長に就任した。陸地測量部は日本陸軍参謀本部の外局で国内外の地理、地形などの測量・管理等にあたった。戦前の地図データはこの陸地測量部による物である。'43.9.10台湾の東海岸にて事故に遭い殉職。享年50歳。

<帝国陸軍将軍総覧>
<日本陸軍将官総覧など>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・あ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。