メイン » » » 黒木為
くろき ためもと

黒木為

くろき ためもと

1844.5.3(弘化1.3.16)〜 1923.2.4(大正12)

明治・大正期の陸軍軍人(大将)、伯爵

埋葬場所: 8区 1種 2側 15番

 薩摩国鹿児島城下加治屋町(鹿児島県鹿児島市加治屋町)出身。薩摩藩士の帖佐為右衛門の三男。幼名は三次。同藩士で加治屋町の黒木万左衛門為善の養子となり黒木姓を名乗る。通称は七左衛門。加治屋町からは2歳上の大山巌、1歳上に西郷従道(10-1-1-1)、3歳下の東郷平八郎(7-特-1-1)、他にも大久保利通、西郷隆盛らを輩出した町である。特に少年時代は東郷や伊地知休八(後の海軍大佐の伊地知弘一)らと河原で相撲をするなど遊び相手であった。
 21歳の時に薩摩藩小銃四番隊に属し京都御守衛に当たっていたところ、1868(慶応4.1.3)激発した鳥羽・伏見の戦いに遭遇。薩摩藩の小銃隊を指揮して活躍した。以来、戊辰戦争に従軍。宇都宮城攻防戦では城壁に突進して取り付くなど奮戦し勝利の契機をつくった。1869.2(M2)1番大隊小隊長となる。維新後陸軍に入り、1871.7.25新政府より歩兵大尉任官。薩摩・長州・土佐藩士によって編成された御親兵の小隊長となった。1972少佐に昇進し近衛歩兵第1大隊長に着任。近衛歩兵第2大隊長を経て、1875中佐に進級し、広島鎮台歩兵第12連隊長となった。
 1877四国丸亀歩兵第12連隊長の時に、地元加治屋町の先輩である西郷隆盛らによって西南戦争が起こる。西郷と行動を共にする仲間もいる中で、黒木は新政府の陸軍軍人たる道を選び従軍。島津久光・忠義父子へ下された勅使柳原前光を護衛し鹿児島錦江湾へ赴き、更に別働第一旅団に属し各地に奮戦。この功により勲4等を叙せられた。
 1878.12.2大佐となり、1879.1.4近衛歩兵第2連隊長に転じ、1882.2.8中部監軍部参謀、1883.2.6参謀本部管東局長を歴任。1885.5.21少将に昇進し歩兵第5旅団長、1890.7.25近衛歩兵第2旅団長を務めた。1893.11.10中将に累進し第6師団長に就任。日清戦争が勃発するや、1895.1.1師団を率いて熊本を発進、威海衛の占領の功をたて、同.8.20男爵を叙爵し華族に列せられた。1896.10.14近衛師団長に親補され、1897.10.27西部都督に転じた。1903.1.13中部都督事務取扱、同.11.3大将に昇格した。
 '04.1.14軍事参議官、同.2.5日露戦争では第1軍司令官として出征。日本軍は第一軍が黒木、第二軍が奥保鞏、第三軍が乃木希典、第四軍が野津道貫で、総軍司令部の長官が大山巌、総参謀長が児玉源太郎(8-1-17-1)であった。黒木の第一軍は鴨緑江を渡って九連城を占領、この緒戦の快勝をきいて全軍奮い立った。黒木の作戦は、飽くまで剛直。第一軍の将兵も司令官の気質に感化されたように、ひるむことなく果敢放胆に進撃、敵陣を次々と突破した。遼陽、沙河、奉天会戦と連戦連勝。黒木の名は従軍記者によって世界に伝えられ、諸外国から「ゼネラル・クロキ」と勇名を馳せた。
 '06.1.12軍事参議官、'07米国出張、同.9.21軍功により伯爵、功一級を授けられた。'09.3.16後備役に編入。'14(T3)退役。
 薩摩武士らしい豪傑肌の性格で、正規の軍事教育を受けずにして、弱冠21歳で鳥羽伏見の戦争の洗礼を受けて以来、論理よりも経験を重んじる猪突猛進型の軍人、野戦指揮官としての長年の経験と勘を生かした優れた采配を見せ、ロシアの大軍団と対決し、日露開戦直後の日本軍の快進撃は黒木の手腕によるところが大きい。これらの武勲からして誰もが元帥になるものだと見ていたが、現場指揮官の地位を好んだことや、長州閥全盛期な上、あまりにも剛直な性格を煙たがれたこともあり元帥に昇れず、65歳の官限年齢により後備に退けられた。
 '17.4.27(T6)から亡くなるまで枢密顧問官に任ぜられた。肺炎のため逝去。享年78歳。正2位 勲1等、功1級。没後従1位追贈。

<コンサイス日本人名事典>
<帝国陸軍将軍総覧>
<人事興信録>


墓所
黒木家之墓 黒木家墓誌

*墓所には二基。入口左手側に和型「陸軍大将伯爵黒木為亙茵廖⇔¬漫崑臉欺銃麈二月四日薨」。入口正面に和型「黒木家之墓」。入口右手側に「黒木家墓誌」が建ち、黒木三次、黒木ヒヤク、黒木従達、黒木不二、黒木順子、黒木為政が刻む。

※黒木為呂凌楊昌典の没月日は「2月3日」とするものがほとんどであり、物故者事典も「大正12年2月3日の午後10時、肺炎のため東京市青山の自宅において亡くなった」と詳しく記載されているが、墓石には「2月4日」と刻むため、ここでは墓石の刻みを優先する。

*黒木為呂虜能蕕虜覆榔併辧F麋嵬椶虜覆歪膸辧糞貔は小山)。二人とも若くして亡くなった。墓所は青山霊園(1-イ1-28)に眠り現在も墓石が残っている。黒木為楼聞澆和針疥遽爐坊て直している。

*黒木為呂了鞍嵬椶虜覆蝋木ヒヤク(1868-1961.8.8:同墓)。ヒヤクは中村勝重の二女で、総理大臣を務めた黒田清隆の養女、旧名は黒田百(百子)。為呂肇劵筌の間に3男2女を儲ける。長女のツネ(1877.4-)は熱帯産業社長の川田鷹に嫁ぐ。川田鷹の父は儒者・漢学者の川田甕江。長男は伯爵を継ぎ貴族院議員として活動した黒木三次(1884.12.21-1944.9.30:同墓)。三次の妻は公爵の松方巌の長女の竹子(墓誌に刻みがない)。二男は早死。三男の清は伯爵の黒田清仲(1884-1915)の養嗣子となる。黒田清仲の実父は黒田清隆であり、ヒヤクはその養女であるため血のつながらない弟。黒田清(1893-1951)は伯爵を継ぎ貴族院議員を務めた。二女の愛子(1888.12-1971.7.24:9-1-1)は高橋是清(8-1-2-16)の長男で子爵・実業家の高橋是賢(9-1-1)に嫁いだ。なお、黒木三次は子に恵まれず、西郷従道(10-1-1-1)の嫡子で侯爵の西郷従徳(10-1-1-1)の子の従達が養嗣子となり、黒木従達(1917-1983.1.19:同墓)として黒木家の家督を継承した。黒木従達は宮内庁官吏、東宮侍従として皇太子(上皇:平成天皇)・美智子妃(上皇后)結婚において重役を果たした人物。従達の妻は樋口元周の三女の不二(1923-1989.7.12:同墓)。従達の長男の黒木為政(1949-2020:同墓)は富士通パーソナルズ顧問・監査役などを務めた。為政の妻の順子(H28歿)も同墓に眠っている。従達の長女の斉子は日産自動車の永積靖夫に嫁いだ。

*郷里の鹿児島市加治屋町に「黒木為話太乎蓮彑价譴建つ。



第195回 日露戦争の名将 ゼネラルクロキ 最強軍人 黒木為 お墓ツアー
黒木家3部作 その1


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。