メイン » » » 黒木為
くろき ためもと

黒木為

くろき ためもと

1844.5.3(天保15.3.16)〜 1923.2.3(大正12)

明治・大正期の陸軍軍人(大将)

埋葬場所: 8区 1種 2側 15番

 薩摩藩士帖佐為右衛門の子。黒木万左衛門の養子。戊辰戦争に従軍。維新後陸軍に入り、1871(M4)歩兵大尉となり、西南戦争には歩兵第12連隊長として従軍。 以後累進し日清戦争には中将で第6師団長として従軍、威海衛を占領し、戦後男爵となる。さらに1903大将となり、日露戦争には第1軍司令官として鴨緑江から奉天に連戦し、伯爵を授けられた。 諸外国から「ゼネラル・クロキ」と勇名を馳せる。しかし、長州閥全盛期のためついに元帥に昇れず、09予備役。のち16(T5)枢密顧問に任ぜられた。

<コンサイス日本人名事典>


*大正12年2月3日の午後10時、肺炎のため東京市青山の自宅において80歳で没した。墓石には4日と刻まれている。

*黒木為もとの「もと」は、「木+貞」です。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。