メイン » » » 黒木三次
くろき さんじ

黒木三次

くろき さんじ

1884.12.21(明治17)〜 1944.9.30(昭和19)

大正・昭和期の貴族院議員、伯爵

埋葬場所: 8区 1種 2側 15番

 東京出身。陸軍大将で伯爵の黒木為呂肇劵筌(共に同墓)の長男。少年時代は志賀直哉や有島生馬や里見らと親しく旅行などにも一緒に行っている。
 第一高等学校で内村鑑三(8-1-16-29)に学ぶ。1912(M45)東京帝国大学法科大学卒業。'18(T7)欧米留学。帰国後は母校の東京帝国大学法科大学副手となる。
 '23.2.3 父没後は家督を継ぎ伯爵を襲爵。同.9.1 関東大震災が起き、帝都復興院参与に就任。'26.5 貴族院議員となって研究会に属し、'44.9(S19)没するまで務めた。
 この間、福徳生命保険(株)取締役となり、また司法省委員、中央水産会、中央農業会、全国農業経済会各設立委員、日本産業協会会長を歴任し、飼料配給、飼料製造、有機肥糧配給の各社長を務めた。また、'30(S5)第26回列国議会同盟会議(ロンドン)、同年第16回万国議院商事会議(ブラッセル)などに出席した。
 美術収集家としての顔もあり、フランス印象派のクロード・モネら画家とも親交があった。正3位 勲3等。享年59歳。

<歴代閣僚と国会議員名鑑>
<平成新修旧華族家系大成>
<大衆人事録 東京篇>


墓所
陸軍大将伯爵黒木為亙 黒木家墓誌

*墓所には二基。入口左手側に和型「陸軍大将伯爵黒木為亙茵廖⇔¬漫崑臉欺銃麈二月四日薨」。入口正面に和型「黒木家之墓」。入口右手側に「黒木家墓誌」が建ち、黒木三次、黒木ヒヤク、黒木従達、黒木不二、黒木順子、黒木為政が刻む。

*三次の妻は公爵の松方巌(松方正義の嫡男)の長女の竹子(墓誌に刻みがない)。三次の兄弟(為呂肇劵筌の子)は、姉のツネ(1877.4-)は熱帯産業社長の川田鷹に嫁ぐ。川田鷹の父は儒者・漢学者の川田甕江。三次は長男。二男は早死。弟(三男)の清は伯爵の黒田清仲(1884-1915)の養嗣子となる。黒田清仲の実父は黒田清隆であり、ヒヤクはその養女であるため血のつながらない弟。黒田清(1893-1951)は伯爵を継ぎ貴族院議員を務めた。妹(二女)の愛子(1888.12-1971.7.24:9-1-1)は高橋是清(8-1-2-16)の長男で子爵・実業家の高橋是賢(9-1-1)に嫁いだ。

*三次と竹子の間には子に恵まれず、西郷従道(10-1-1-1)の嫡子で侯爵の西郷従徳(10-1-1-1)の子の従達が養嗣子となり、黒木従達(1917-1983.1.19:同墓)として黒木家の家督を継承した。黒木従達は宮内庁官吏、東宮侍従として皇太子(上皇:平成天皇)・美智子妃(上皇后)の結婚において重役を果たした人物。従達の妻は樋口元周の三女の不二(1923-1989.7.12:同墓)。従達の長男の黒木為政(1949-2020:同墓)は富士通パーソナルズ顧問・監査役などを務めた。為政の妻の順子(H28歿)も同墓に眠っている。従達の長女の斉子は日産自動車の永積靖夫に嫁いだ。



第197回 死んではいけないところで亡くなってしまった
黒木三次 黒木従達 お墓ツアー 黒木家3部作 その3


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。