メイン » » » 黒木三次
くろき さんじ

黒木三次

くろき さんじ

1884.12.21(明治17)〜 1944.9.30(昭和19)

大正・昭和期の貴族院議員、伯爵

埋葬場所: 8区 1種 2側 15番

 東京出身。陸軍大将で伯爵の黒木為呂肇劵筌(共に同墓)の長男。1912(M45)東京帝国大学法科大学卒。 '18(T7)欧米留学。'17(T6)以降東京帝国大学法科大学副手、帝都復興院参与等のほか、福徳生命保険(株)取締役となり、また司法省委員、中央水産会、中央農業会、全国農業経済会各設立委員等となる。 父没後、爵位継ぎ'26(T15)5月から貴族院議員となって研究会に属した。貴族院議員は没する'44(S19)9月まで務める。 '30(S5)第26回列国議会同盟会議(ロンドン)、同年第16回万国議院商事会議(ブラッセル)などに出席した。正三位 勲三等。

<歴代閣僚と国会議員名鑑>
<平成新修旧華族家系大成>
<MATSU様より情報提供>


*三次没後、爵位を継承したのは黒木従達(同墓)である。戦後、東宮侍従などを務め、現天皇陛下の皇太子妃の選考を極秘作業を進めていた一員である。 これに携った人物は他に、宇佐美毅宮内庁長官、東宮参与小泉信三(3-1-17-3)、田島道治前宮内庁長官、鈴木菊男東宮大夫。 古い皇室典範では、皇族の結婚は皇族または華族に限るという規定があったが、新憲法により貴族制度は廃止され法的制限はなくなった。しかし選考は常識的に旧来の範囲から始められた。 なかなか理想的な方が見つからない状況であり、常識の枠を越すと正田美智子がひときわ群を抜いており、ここに初めて民間から皇族に嫁ぐことになる。 美智子皇后の父は正田英三郎(鎌倉霊園)であるが、叔父で数学者の正田健次郎と祖父で日清製粉設立者の正田貞一郎は多磨霊園15区1種1側23番に墓所がある。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・か行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。