メイン » » » 山室軍平
やまむろ ぐんぺい

山室軍平

やまむろ ぐんぺい

1872.9.1(明治5.7.29)〜 1940.3.13(昭和15)

明治・大正・昭和期の伝道者、
社会福祉事業家、救世軍司令官

埋葬場所: 15区 1種 11側 1番

 岡山県阿哲郡哲多町(新見市)出身。山室佐八、登毛の三男。 乏しい農家であったため、幼少期に養子に出されたるが、1886(M19)出奔、山室姓に戻り、上京して活版工となる。 教会主催の英語学校で学び、キリスト教に触れ、感化しキリスト教に入信。苦学して築地伝道学校、1889同志社大学神学部入学。 1891濃尾地震の時、同郷の石井十次と協力して孤児救済のための活動を行う。1894健康を害したことや自由主義神学(リベラル)の反発から大学を中退し、石井らとともに旧メソヂストの高梁教会などで伝道活動を行った。
 1895英国救世軍の来日を機にこれに従軍し、日本最初の士官として日本救世軍の創設発展に尽力。 救世軍パンフレット『鬨の声』や、1899『平民の福音』を刊行。 1900娼妓自由廃業運動を開始を皮切りに、労働紹介所の設置、歳末慈善鍋(社会鍋)の開始、児童虐待防止運動の開始、その他、結核療養、婦人・児童保護、貧困者医療など社会福祉事業に携わった。 また救世軍ブース記念病院、救世軍療養所を開設した。'07救世軍万国司令官ブース大将来日時には通訳を務め、日本救世軍書記長官に任命された。 '24(T13)勲六等瑞宝章を受章。'26救世軍日本司令官、'30(S5)アジアで初めて中将となった。'37救世軍より創立者賞受賞。
 民衆の説教者として各地を伝道してまわる。主な著書に『選書』10巻・別巻1、『救世軍略史』など多数ある。享年67歳。

<コンサイス日本人名事典>
<日本キリスト教総覧など>


墓地

*山室家の墓所には、山室軍平を筆頭に、軍平の先妻で救世軍の母と親しまれた山室機恵子、軍平の後妻で社会事業家の山室悦子、機恵子との長女で社会事業家の山室民子、機恵子との長男で社会事業家・著述家の山室武甫、武甫の妻で小説家の阿部光子らが眠る。

山室軍平句碑 山室軍平句碑

*山室軍平墓所すぐ近く、バス通りに面する15区の角に、「山室軍平碑」が建つ。この碑にはコリント人への手紙第二6章10節が刻む。裏面に自筆の言が刻む。


救世軍墓所

*救世軍は世界121の国と地域で働きを進める国際的なキリスト教(プロテスタント)の教会。本部は英国ロンドン。 多磨霊園には日本救世軍財団の墓所が3ヶ所ある。救世軍士官墓地(士官):7区1種5側1番、救世軍人墓地(チャールズD):2区2種2側23番、救世軍社会部墓地(社会事業):2区2種14側42番。

*山室軍平、石井十次、留岡幸助(13-1-18-1)、アリス・ペティ・アダムスの四名を「岡山四聖人」と呼ぶ。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・や行 | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。