メイン » » » 迫水久常
さこみず ひさつね

迫水久常

さこみず ひさつね

1902(明治35)〜 1977.7.25(昭和52)

昭和期の大蔵官僚、政治家

埋葬場所: 9区 1種 8側

 鹿児島県出身。東京帝国大学法学部法律学科(英法)卒後、大蔵省に入り、欧米駐在財務書記・甲府税務署長などから1934(S9)岡田啓介(9-1-9-3)首相秘書官兼大蔵事務官。秘書官在任中に2.26事件に遭遇し、岡田首相を救出した。
 大蔵省金融課長・総務局長・銀行保健局長などを歴任。その間、企画院の課長をつとめ、また総力戦研究所員となり、戦時下少壮革新経済官僚として頭角を現わす。 かたわら岡田啓介の女婿として彼に情報を提供、その東条内閣打倒工作に協力し、鈴木貫太郎内閣の書記官長として終戦の実現に努める。
 戦後、一時、貴族院議員(勅撰S20.8.15〜8.29)に入り、公職追放解除後の'52自由党より衆議院議員となる。'56より参議院議員。'60第一次・第二次池田内閣で、それぞれ経済企画庁長官・郵政大臣に就任した。 自由民主党参議院幹事長などを歴任し、河野謙三参議院議長の実現に動いた。また、財団法人日本盲導犬協会初代理事長も務めた。享年74歳。

<コンサイス日本人名事典など>
<森光俊様より情報提供>


*迫水夫人の万亀(まき)は、岡田啓介の次女。また岡田の2度目の妻は、迫水の父親の妹、つまり叔母に当たる。

*子の迫水久正(同墓)も大蔵官僚。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。