メイン » » » 迫水久正
さこみず ひさまさ

迫水久正

さこみず ひさまさ

1932.2.19(昭和7)〜 2004.10.10(平成16)

昭和・平成期の大蔵官僚

埋葬場所: 9区 1種 8側

 鹿児島県出身。父は政治家の迫水久常(同墓)、母は岡田啓介(9-1-9-3)次女の万亀(1910-2008.1.5 同墓)。
 1955(S30)東京大学法学部卒業。同年大蔵省に入省。理財局国庫課長、関税局国際第一課長などを経て、'79南九州財務局長となる。 '81照国郵船管財人、'83日本システム開発研究所専務理事、'86社会福祉医療事業団理事、'92(H4)同和火災海上保険顧問、'99鹿児島新報社会長を歴任。 主な著書に『新しい土地税制』『欧米諸国の土地税制』などがある。享年72歳。

<現代日本人名録 物故者編など>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・さ | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。