メイン » » » 田所廣海
たどころ ひろみ

田所廣海

たどころ ひろみ

1869.7.24(明治2)〜 1924.1.19(大正13)

明治・大正期の海軍軍人(中将)

埋葬場所: 2区 1種 2側 1番

 高知県出身。田所二三太安廣・千鶴(共に同墓)の長男。1890.7.17(M23)海軍兵学校卒業(海兵17期)。同期に日露戦争で活躍する秋山真之(中将)、川原袈裟太郎(中将:8-1-15)、堀内三郎(中将:13-1-22)らがいる。
 海軍少尉候補生として金剛乗組。翌年は浪速乗組。1892海軍少尉となり、龍驤分隊士。翌年、高千穂航海士、吉野分隊士を経て、回航委員として英国出張。 1894帰着。1896海軍大尉となり筑波分隊長(航海長)。1898常備艦隊参謀、翌年軍務局軍事課課長。
 1900〜'02海軍大学将校科甲種3期卒業。'03〜'04独国駐在。日露戦争勃発に伴い帰朝し、春日航海長となる。'05海軍中佐となり、横鎮附、横工廠艤装委員、笠置副長。 '07軍令部参謀(三班長)、海大教官。'08海軍大佐となり、舞工廠検査官。'10厳島艦長、姉川艦長、津軽艦長。'11出雲艦長、肥前艦長。'12(T1)敷島艦長。'14台湾総督府海軍参謀長。
 '14海軍少将となり佐鎮参謀長、'16第一水戦司令官、'17第三水戦司令官、'18将官会議議員となる。'18海軍中将となり、鎮海要港部司令官、臨時建築部支部長。'19再び将官会議議員となり、翌年から侍命。'21予備役。功四級。'20.11.1勲1等旭日大綬章受章。享年54歳。正4位。
 妻はマス。長男の田所廣泰(同墓)は東條内閣打倒の思想活動を展開した思想運動家である。

<日本海軍将官総覧>
<帝国海軍提督総覧など>


墓所

*正面和型で「海軍中将 正四位 勲一等 功四級 田所廣海之墓」と刻む墓石が建つ。右側にやや小さな和型で「田所家之墓」。さらに右側に墓誌がある。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・た | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。