メイン » » » 村島帰之
むらしま よりゆき

村島帰之

むらしま よりゆき

1891.10.20(明治24)〜 1965.1.13(昭和40)

大正・昭和期の新聞記者、労働運動家、教育者

埋葬場所: 3区 1種 24側 15番
〔松澤教会会員墓地〕

 奈良県出身。自由党衆議院議員の滝口帰一の三男として生まれる。旧姓は滝口。早稲田大学政治経済学部在学中に母方の姓を継ぎ村島姓となった。正式には村嶋歸之(墓誌には村島帰之と刻む)。
 1915(T4)早稲田大学卒業後、大阪毎日新聞に入社。経済部を経て、内国通信部で地方版編集をしていた25歳のころ賀川豊彦(同墓)と知り合った。 『ドン底生活』を新聞に連載し、翌年出版し好評を得て出世作となる。鈴木文治らが発足させた労働者団体である友愛会の関西同盟を発足させ、賀川を理事長に、自身は理事として労働運動に深く関わる。
 '18神戸支局に転勤。'21.7.10神戸にて川崎、三菱両造船所の労働者3万5千人を指導して、日本初の街頭デモが賀川の指導で行われた際にこの労働争議へ参与。 川崎造船所のサボタージュ闘争を指導した。これは日本初のサボタージュで労働者1万6000人が参加して決行している。サボタージュは労働者の争議戦術の一つで生産妨害行為や破壊工作をいう。 「サボを『同盟怠業』と訳し、夕刊に報ず。まさに特ダネ」と村島は備忘録に残したが、それ以来、怠けることを「サボる」というようになり、この「誤訳」を後々まで気に病んでいたという。
 '20月刊誌「改造」の依頼で賀川に寄稿の橋渡しをした。当初の単行本化を売れないだろうからという村島の判断で連載とする。 1月〜5月に前半を連載、その後の後半の連載を加えて、10月に出版。これが年間100万部、トータル400万部の大正時代に最も売れた大ベストセラーとなる。 これが、賀川の代名詞となる自伝小説『死線を越えて』である。村島の力なくしてなし得なかったため、後に村島は「賀川豊彦を世に出した男」といわれる。
 大阪本社に戻ってからは社会部、調査部、学芸部などに勤務。'23しづゑ(1901〜1963.4.12 同墓)と結婚。仲人を賀川夫妻に頼み神戸教会で挙式した。 関東大震災の報を聞き、新婚旅行に代えて上京し、本所バラックで賀川の難民救済事業を手伝った。
 労働問題以外にも売春や風俗を取り上げるルポを多く描いていた。'25『歓楽の墓』を執筆し、自身の買春を懺悔して、賀川豊彦により洗礼を受けた。 '28(S3)谷崎潤一郎が妻の千代を、和田六郎(大坪砂男)に譲る話が出て、それを元に『蓼食ふ蟲』を連載していた時の担当記者をつとめる。 以後、廃娼運動家、社会主義者として論陣を張り、労働者劇団や女給同盟の結成など独特な活動を展開した。'36病気のため退社。東京の社団法人・白十字会総幹事に就任した。
 '46賀川と共にキリスト教主義の私立平和女学校を開設して校長に就任し、その後、学校法人平和学園を創設、賀川が理事長、村島が専務理事と学園長と校長を兼務した。 主な著書に『生活不安』、『カフェー考現学』、『サボタージュ : 川崎造船所怠業の眞相』、『賀川豊彦病中闘史』、『大正・昭和の風俗批評と社会探訪 村嶋歸之著作選集(全5卷)』など。 享年73歳。長男は社会評論家の村嶋健一(筆名:矢野八朗 1925-1990 墓誌に刻みなし)。

<講談社日本人名辞典>
<ますらおのごとく 村島帰之先生の生涯>


松澤教会会員墓地

*村島帰之は松澤教会会員墓地に眠る。レンガ作りの後ろ壁には、左側に「彼等は信仰によりて今なお誇る 松澤教会」とあり、右側には「主にある友と賀川豊彦ここにねむる」と刻む。 墓所左側に墓誌があり、2010年現在までに116名が刻み名前を確認することが出来る。 賀川豊彦一家はもちろん、豊彦の弟の賀川益慶夫妻も眠る。他に賀川豊彦と親交深い著名な人物も多く眠る。 同墓に眠る主な人物は、賀川豊彦と活動をした農民運動家・政治家の杉山元治郎、支那の農村経済運動家の刈屋久太郎、キリスト新聞の立ち上げに尽力した小川清澄、小説家の鑓田研一、賀川の使徒・オリジン電気創業者の後藤安太郎、洋画家の佐竹徳、賀川の弟子で『百三人の賀川伝』の著者の牧野仲造、フレンド教会日本語牧師の高田松太郎、在日大韓基督教大阪教会牧師の姜喜錫、主恩教会牧師の川上太郎吉、救世軍人の難波義雄らも眠る。


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。