メイン » » » 武川寿輔
むがわ じゅすけ

武川寿輔

むがわ じゅすけ

1877.11.15(明治10)〜 1939.2.12(昭和14)

明治・大正・昭和期の陸軍軍人(少将)

埋葬場所: 15区 1種 15側

 福島県安積郡福良村(郡山市湖南町福良)出身。旧会津藩士で県会議員を務めた武川定八の長男。
 安積中学校(安積高校)を経て、1897.11.29(M30)陸軍士官学校(9期)卒業。同期に大将に昇進した者が6名おり、阿部信行・真崎甚三郎・松井石根・荒木貞夫(8-1-17)・林仙之(7-1-5)・本庄繁(13-1-4)である。他に大平善市(後に中将:6-1-5-15)、風船爆弾考案者の近藤至誠(8-1-15)らがいる。翌.6.27 歩兵少尉に任官。
 1901.10 陸軍大学校に進み、在学中に日露戦争に従軍。旅順攻囲戦の203高地の攻防戦で重傷を負う。'06.11.28陸軍大学校(18期)卒業。同期に川瀬亨(後の陸軍中将:8-1-7-9)、壬生基義(後に少将、公家:21-1-12-10)らがいた。
 第13師団、東京衛戍総督部の各参謀を務め、'19.7.25(T8)大佐に昇進し、本郷連合区司令官となる。'21.4.20歩兵第3連隊連隊長、'22.8.15第20師団参謀長を経て、'23.8.6少将に累進し、歩兵第39旅団長に就任した。'24.2.4待命、同.3.25予備役となる。
 その後、小西重直らの推薦を受け、赤穂中学校長に就任した。赤穂藩に流刑された山鹿素行と同郷という縁から、赤穂義士会会長も務めた。このことから、赤穂城内には武川寿輔の頌徳碑が建立されている。「やれば出来る。我に力あり」が口癖であったとされる。享年61歳。
 主な著書に、『歩兵野外必携』('08)、『軍人精神修養訓』('09)がある。没後、『軍人勅諭訓話資料』('42)、'89(H1)武川先生顕彰実行委員会が没後50年に『日露戦争の思い出』『武川先生の教育と思い出』を刊行された。

<帝国陸軍将軍総覧>
<日本陸軍将官総覧など>


 


関連リンク:



| メイン | 著名人リスト・ま | 区別リスト |
このページに掲載されている文章および画像、その他全ての無許可転載を禁止します。